Wandering Star Line

好きな子に満ちた世界で笑って生きています

2018.09.24 雪月花薫る時に最も君を憶う話

9月は雪月花薫る時に最も君を憶って放心したり、友人が色々神がかっていて五体倒地したり、1年半越しで御宿にカルライ映像ロケ聖地巡礼に行ったりしていました。いろいろなことがあって8月後半から9頭くらいは結構きつかったんだけど、そういうことを経て、結局素晴らしい友と決してわれわれを裏切らないうたの☆プリンスさまっ♪という宗教に恵まれてぼかぁ復活しました。雪月花イベ、雪月花イベ、本当に素晴らしかった…。外から見た現象として出来るだけ平易に言ってしまえば「11人で歌うCDが出るよ」っていうだけだし、もう少し色を付けても「それに合わせてPVを作ったから大きなホールでお披露目するよ」だと思うのです。それが「keita maruyamaの衣装だよ」→「じゃあ実衣装展示するよ」→「グッズも作るよ」→「イベントにするよ」みたいな感じになってあの空間が出来上がったんだと思っていた。でもどうやって雪月花っていうコンテンツが出来上がったかを知ったら、その矢印は全然思いもよらないところから発生していた。よもやコンセプトの提案、曲作りの段階から丸山氏が球を投げてくれていたとは…。その驚きとありがたさを表現するすべを私たちは知らないし、強いて言うなら諭吉を敬意を込めて、もう三宝に載せる気持ちで献上するくらいしかないのです。ブロッコリー様!受け取って!

仮に普通にアニメイトで役立つもの(例えば雑誌とか)を買った時のリターンを1倍として、うたの☆プリンスさまっ♪に投資した後に得る「現物」「成果物」「付随・持続する多幸感」はなんちゅうかリターン換算で軽く額面の5倍以上にはなっているので、うたの☆プリンスさまっ♪、正直トルコリラもびっくりの利回りですよ。雪月花の衣装展示を見ながらとにかくこれは高そうだなと思ったのだけど、お金の大きさは当然の条件としても、お金の大きさだけではこの現実を作り上げることはできないわけです。毎度生半可では実現できない成果物をうたプリさんは、俺たちのブロッコリーさんは達成してくれるわけで、結局これってファンディングだよなってつくづく思った。プリンセスは個人投資家。誰も見たこともない「非実在・実在アイドル」の地平を切り拓いていく、我々の生きるこのタイムラインこそがうたの☆プリンスさまっ♪の本質で、「奇跡」と言われるものの実体なんだと思う。


先月の日記で「今後買いたいもの」「神戸旅行」と書いたわけですが無事神戸旅行を買うことができそうでほっとしています。今年は国内旅行づいてるなぁ…。決して私一人の力でなしえた機会ではないので、宇宙に感謝して、頭を垂れて生きていきたいと思う。神戸だけに…。(言ってやった)