Wandering Star Line

好きな子に満ちた世界で笑って生きています

2017.02.27

そういえば先日行った友人宅飲み会での超パワーワードは「筆頭株主」でした。しばらく頭から離れなかったよ。ネタのような何かは確かに現実にも存在するのだ、いやまぁそんなこと知ってたけどさ。

さすがに3か月超えない新生児抱っこしたのは人生初でかなりビビったけど私の腕でねんねしてくれるほどの本当に本当に超いい子だった。大物に育てよ。

広告を非表示にする

2017.02.26 禁断生FESTIVAL69 めも

◆禁断生FESTIVAL69
2017.02.26(日)
東京ドームシティホール 昼興行/夜興行
鳥海浩輔(ハッシュ)、安元洋貴(タグ)、保村真(平成の光源氏)、速水奨(Dr.HAYAMI)、てらそままさき(キャミそま)、前野智昭(ばっちこい将軍)、KENN(暴れんNu将軍)、たかはし智秋たかはし智秋 with GLG)、ランズベリー・アーサー、杉浦ジュリアン、影山梨彩(ナース)

昼夜各2時間半、ぶっ通しのカオス。
但し極上の芸を持った声優・キレのある構成作家・悪ノリ大好きな観客がその場に揃って緻密に作り上げる濃厚なバカバカしさは唯一無二のハイクオリティ・エンターテインメントだった。あの空気感は「MC+出演陣+見てるだけの観客」あるいは「出演陣+台本+見てるだけの観客」という役割で進む普通の声優イベントにはとても作れない。禁フェスのベースになってるコンセプトは(メインMCの2人も大好きな)「プロレス」なんだけど、それ特有のアングルやギミックを練り上げながら作られていく「虚構のガチ」みたいなもの、本気の悪ふざけ、本当に大好き。声優界でそれ突き詰めるとSSDSとかになるんだろうけど、あそこまでストーリーがちがちに行っちゃうと若干の内輪受け的な世界にもなっちゃうところ、禁生はギリギリで踏みとどまってる感じが絶妙なのだなと思う。源氏名はあくまで源氏名であって本人。「役名」ではないのだ。

昼も夜も終わったあと笑いすぎて発汗で股がビショビショになってました。イミフ。
DVDにはなるけどどれだけカットされるのか見当もつかない。ニコ生中継もないし出演陣の飛ばし方が全員、尋常じゃなかった。「カメラ回ってない系の現場での前野智昭の打ち上げ花火っぷりが最高好き」とは再三言ってますけど、まさかあの人がカメラ回ってることを逆手に取った打ち上げ花火になれるとは思わなかった。まさにロックスター。禁生という場のなせる技であろう。ピンなら恐縮王、少人数のメインなら優等生、脇なら場を回す役で、どんな現場ならこの人がのびのび遊んでるところを観れるんだ!?って思ってきたけど、それ禁生だったわ。責任編集を鳥ちゃん安元さんが持ってる場所で「うちのエース」って言われて、客席とのコンセンサスの取れた場所で(BL下ネタも含めて)思う存分暴れられるんだから、ほんと、「この前野智昭が見たかったんだ!」っていう。それしかない。

後に引く余韻がすごい。最近大きな声出してなかったせいもあるけど喉ボロボロになってしまった。DVDを何度も見てるから今でもそう思えないんだけど、わたし禁フェスは初参戦だったんだよなあ。あのエネルギーを生身で受け止めることの重大さを思い知る。あの鳥海浩輔がネタを読もうとして原稿に目を通した瞬間に笑い崩れて収拾がつかなくなるっていう、そしてその場の全員がその原稿を見に行ってガチ爆笑で撃沈してしまうという、あの感じ、ぼくは全盛期の西川貴教のオールナイトニッポンでしか体験したことなかったし、それ十何年ぶりだよ、っていう。昼であったまった会場と出演陣が、夜にはばっちりチューニングを終えた結果の、夜興行のボイスプロレスの完成度は尋常じゃなかったぜ。安元さんが実況に回ってくれたのも大きかった。連続技で文脈で攻める手を的確に実況解説するの、言語遊戯王南海キャンディーズ山ちゃんのMCにも似た素晴らしさを感じた。 あと貫通弾がいまだにじわじわおかしくてしょうがない。すげーなばっちこい!受け身のくせに!(©けんぬ)


いやけんぬはホント初参戦とは思えない知識量と順応性と瞬発力。昼興行でばっちこいさんを対戦相手に指名した後の煽り合いの時に
まえぬ「来いよ受け止めてやるよ」
けんぬ「ずいぶん受け身じゃねーか!ばっちこいだけにな!」
っていうの最高だったしばっちこい将軍の命名由来知ってなきゃこれ言えない。こういうハイコンテキストな笑いおねーさん大好きだよ。

初参戦けんぬも良かったし、ちあきんぐの両翼というか聞いてないよのグッドルッキングガイとしてのシークレット登場でアーサーくん持って来ちゃったのも笑ったなあ。ジュリアン君に至っては本当に本当の新人で誰も知ってる人いなくて初イベントがコレ。しかもアーツビジョン所属。面白すぎるでしょう。新人2人がわりとポテンシャル高くあのメンバーの中で浮かずに躍動してくれたのがまた良かった。鳥ちゃん初め全員が撃沈してしまったあのネタ、アーサー君がキメてくれたのも良い流れだった。

DVDでどのくらい削られちゃうのかわかんないけど本当に元気になれたよ(喉以外は)
会場の半分以上が同担っていう現場の居心地の悪さを補って余りある禁生と言う場の素晴らしさ。
次は絶対紙テープ持ってく。

2017.02.18 まきば会BDスペシャル メモ

◆荒牧慶彦ファンミーティング「まきば会」vol.3~バースデースペシャル~
2017.02.18(土)
浜離宮朝日ホール小ホール 夜の部(17:00~18:30)
ゲストMC:根本正勝

先週は宇宙一最強cawaii私の推しくんのバーイベでした!(誕生日は2/5、27歳になりました!)
9月に初めてファンミ行った時のチェキの大惨事を深く心に刻み「次こそはパッと見て面白い&人に見せられるチェキを作る」と意気込んで行ったはいいけど、結論から言えばあらまきよしひこという宇宙一最強徳の高いcawaiiエンターテイメントの前で小賢しい意気込みなど無力であった。

入場時チェックがかなり本気で写真IDチェック+手にスタンプ。400人キャパだからできる人海戦術。まぁでも舞台ならともかくファンミで転売はどうかと思うんだよね…。文句言ってる人いるけどこのくらいは妥当ではないか。入場後そのままグッズ列で、グッズ全部セット(今回トレードものなくて助かった)8000+チェキ券2000で万券。これはスムーズで良い。そして推しくんのグッズ担当氏がA4ブロマイド(※透明袋入り)とかいう暴挙に及んだおかげでサブバッグ持ってこなかったワイ氏どう帰ればいいんだ状態爆誕(その後座席にフライヤーがあったので事なきを得た)。しかし今回のグッズのお写真がオール和装でマジ最高、最and高だった、ありがとう。たぶん近日会うお友達には私の推しくんカワイイブロマイドと推しくんカワイイカレンダー、わりと強制イベントとしてお見せすると思いますカワイイ、和装ズルイ。


MC根本さんごあいさつ
本人ごあいさつ→ピアノやりますよって準備
ピアノ演奏→感想→本人お着替えでout→その間に一問一答
26歳の1年を振り返る(本人Twitterとblogの写真が出る)
ドキドキ朗読タイム→罰ゲームの歴史偉人モノマネ
ごあいさつ
おしまい→チェキ会


登場~ピアノパートまでは白ドレスシャツにショールカラーの黒ジャケット、黒カマーバンド。ピアノ終わってリラックスしたいので着替えてきます!!って言ってトキパーカ(紫)に黒ぱんつでリラックスにもほどがあるやつだった。

ねもっさん「昼の部は“よしひこ”って呼んでもらったんだけど本人が呼ばれ慣れなさすぎてピンとこなかったそうなのでいつもの“まっきー”にしましょう」

まっきー「今までの人生で慶彦って呼ばれたことほとんどないです」
ね「“よしよし”は?」
ま「それ翔さんが俺いじるときのやつ」

根本さんは12月にトキに移籍してきたけどあらまきくんとは現場がかぶったことがないので「だんだんまっきーと仲良くなる過程を見てください」と。お互いの呼び名とか決めてたな。でもまだ「根本さん」だった。翔さんとは共演経験はないけどアメスタとかで一緒になることが多かったとか。

スーツ着ることなんて仕事以外だと今までほとんどない!って話。とにかく緊張しててヤバイと。昼の回も手が震えてたらしい。ピアノ座っても「緊張で手がすっごい冷えてる」ってずっとモジモジしてた。
ま「今この現実から逃げたい」
ね「ダメでしょwww」
ま「ゲームの世界とかに逃げたい!あ、それ今夜だった。とんちゃんと約束してるんだった」

ピアノは渚のアデリーヌと勝鬨の歌(刀ステOP曲)の2曲。勝鬨の歌すっごい一生懸命弾いてくれてウルッとしてしまった…。緊張伝わりすぎて私が緊張したし途中から私の汗が止まらなくなった。終わったら私がビッショビショになっていた。親か!どこかでこの汗覚えがあると思ったらあれです、全日本会場で見ててたかちゃんの演技の時のあの汗ですよ。後のトークコーナーで11月くらいからずっと本番中も週1~2回くらいお稽古行って練習してたって言ってた。
「ヤバイ」「緊張ヤバイ」「テニミュで初めて舞台にデビューした時の緊張と同じやつだった」「俺一度テニミュの本番で立ち位置間違えてピンスポ外したことあるんだけどあれ思い出した」
ね「あれって素知らぬ顔でピンの中にスーッて入ってくの?」
ま「いや、それ逆にやっちゃダメなんですよ」


着替え中根本さんがまっきーに聞いた「一問一答」を教えてくれる。
好きな果物は?「ぶどう」
好きな飲み物は?「カルピス」(※みんな知ってる)「でもぶどうカルピスはだめ」
好きな女の子の仕草:前にものを抱えた女の子が床のものを拾おうとして髪の毛を耳にかけながらしゃがむところ。(←!?)

再登場してまずそれ突っ込むところなんだけど、「高校のころにたまたまクラスメイトの女の子がその仕草をしてるシーンを目にして以来」どストライクでヒットらしい。「それパーフェクト!って」「仕草ばっかり見てて顔見てなかった」

ね「まぁでもこういう話女の子もやるでしょう?」 うん、やりますね。

去年の2月からのスケジュールカレンダー見ながら1年振り返り。基本舞台とかイベントとかなんだけど、映像作品の撮影時期とか稽古入りとかの日程もカレンダーに入ってた。昼の部で突っ込んだところには触れてなかったのでやっぱり両部行けばよかったかな~…うーん。

・こう見ると本当にいろんな色の頭の役やってるね~っていう話。「どれが似合う?」「俺は金髪が好き」私も金髪が好き。「まんばちゃんもそうだし、戦国無双の隆景も立ち絵とすごく似てるって言ってもらえてうれしい」

・画伯。6月のファンツアーの時の絵をもう一度出して本人が当ててみるも全然当てられないwww個人的には「トトロ」と「おそ松さん」は本当にひどいと思う。沖田も。

・ビデオレター。昼の部はしょうさんとしょうたくん(羨ましい…)夜の部は初恋モンスターの佐川くん&神里くん(小5仲間)、はくみゅで一緒だった橋本祥平くん。しょうへいくんのビデオレター、明らかに「拝啓高崎殿」のやつだと思ったらスマホで撮ってるのしょうたくんだしなんならしょうたくんの笑い声入ってた、翔太くんホント笑いのセンスが突出している。もみあげネタはズルイ。


心拍数コーナー。スマホで心拍数測れるアプリ使って、ランダムで胸キュン的な台詞読んで根本さんの心拍数が上がったら勝ち。でも心拍平常で130とか出るのそのアプリおかしいと思うよ。

罰ゲームは結局二人で。歴史偉人モノマネ。逆にこの手の雑な振りのエチュードは若手俳優のほうがぶっちぎりに心臓強くて好きだ。途中からちょっと毛色変わってたけど、「ドラえもん!」って振られたあらまきくんがやった「ぼくドラえもんです」が大山のぶ代verでほっとした。あとツタンカーメンも面白かった。お題が概ね紙幣だらけ(諭吉、漱石聖徳太子、一葉、新渡戸)で笑ったなあ。あと家康って出てきたときにフグの話してたけど、家康の死因鯛じゃなかったっけ。

最後にご挨拶と今年もまだ解禁前のお仕事のお話とかいっぱいあるんで楽しみにしててくださいねーって言ってシメ。


チェキ会、色々考えてたやつがあんまり面白くなくて。ここまで来たのであれば一度はこの人のおもてなし力(パワー)に身を任せるのも良いだろうと、あと3人くらいになったところでお任せをキメることにした。前の前の人が初ファンミで普通にハグ、前の人がお任せでやっぱりハグだったのであーこれ任せるとやばいやつかなーと思いつつ。「色々考えたけどわかんなくなっちゃったのでお任せします」「そっか~じゃ~…寝ましょうか♥」(0.5秒)
寝ましょうか、だ。
これが「お任せ」という魔法の杖であらまきよしひこという宇宙一徳の高いエンターテイメントに身を委ねた結果である。来ちゃったよこれ!あまりのことに二重におかしくて大笑いしちゃって、スタッフさんもめっちゃ笑ってて、なんか結果我ながら悪くない仕上がりになりました。親には見せられないが。

後から冷静に考れば考えるほど、推しにニコニコしながらすごい言葉を言われたような気がしてならない。

毎度思うにお仕事でも400×1日2回これをやる推しくんは本当にスカイツリーより高い徳をお持ちだし、その中で精一杯「商品としてのまごころ」を伝えようとしてくれるのが、ほんと、ありがたいなって思う。

ああ推しくんのおててほんと柔らかいカワイイなのでこの感触がみんなに伝わればいいのに。しゃべる→ポーズ相談→おさしん撮る→喋りながらやわやわ両手でぎゅっぎゅの握手→立ち上がった後にやわやわ右手で「またね~~!」ってハイタッチ みたいな感じなので終わった後に身体にいっぱい感触が残るのです、ほんと最高なんだ。

うちの推しくんは宇宙イチなんだ。

2017.02.05 刀剣乱舞花丸スペシャルイベント めも

刀剣乱舞-花丸- スペシャルイベント 花丸◎日和!
2017.02.05 幕張メッセ 展示場7・8ホール
市来光弘(大和守安定)
増田俊樹(加州清光)
新垣樽助(へし切長谷部/長曾根虎徹)
山下大輝(今剣/厚藤四郎)
興津和幸(蜂須賀虎徹)
濱健人陸奥守吉行)
山下誠一郎(薬研藤四郎/愛染国俊)
石川界人(歌仙兼定)
佐藤拓也(燭台切光忠/江雪左文字)
前野智昭(山姥切国広)
浅利遼太(平野藤四郎/明石国行)
榎木淳弥(堀川国広)
鳥海浩輔三日月宗近
田丸篤志(一期一振)

・「花丸◎日和!」(1コーラス)
・全キャスト挨拶

・長谷部&今剣の「花丸嘆願書」

<昼>
・燭台切&堀川の「答えが被らない方がかっこいいよね」
・蜂須賀&山姥切の「超刀剣男士を作ろう」

<夜>
陸奥守&平野 「被らないようにポーズを決めよう」
・歌仙&三日月 「雅な台詞を考えよう」

・「夢現乱舞抄」板垣奏太郎(フルコーラス)

・一期一振&薬研の「生アフレコをやろう」
<昼>1話雪合戦、3話かすていら、9話阿津賀志山真剣必殺、10話こぎつね、12話ラスト
<夜>1話雪合戦、5話みかちと屋根の上、6話男性従業員接客飲食店、10話たぬき、11話安定のフラグ、12話沖田くんとの会話
長谷部・燭台切2人きりで6話のうどんミュージカル

・12話エンディングの歌(1コーラス)
・全キャスト挨拶


DVDも出るのでメモだけ

「僕も“まんばちゃん”を皆さんと一緒に愛でていきたい」
2部ラストの挨拶で前野くんがはにかみながら「まんばちゃん」と言ったから、初めてそう呼んだから、愛でるなんて言うから、彼は14人中5人目の挨拶だったんだけど残りの9人の挨拶の間私の目からずっと勝手に水が出てきて本当に困ったのだ。

去年の夏まで、花丸のアニメが始まる前、まだゲームしかなかった時の話。前野くんにとっての「刀剣乱舞、山姥切国広」は(どれも平等に)大切な出演作の一つで、すごく人気もあって大きなコンテンツになってる。そういう認識は窺えたにしてもどう考えても彼はゲームをやってないし、彼の好きなタイプのゲームじゃないことも解ってた。出演作、どんな小さなお仕事でもどれも大切にしてくれる人だけど、思い入れがあるか、愛があるかって話とはまた別だ。ゲームをやってキャラを育てないと、存在に深くコミットしないと生まれない理解や愛情があって、他の役者さんにはよくあって、前野くんにない。それはずっと感じてきた。仕方がないとも思ってきた。だって前野くんは本当にゲームが好きだから、こういうゲームは好きじゃないもんなあ。

去年の7月、ワンフェスで、村瀬くんと鳥ちゃんと一緒に刀剣乱舞のステージで出た時。ああ、本当にこの人の彼への認識はセリフを録った時で止まっているし、進む気もないんだなあ、って思った。50人以上のキャラクターがいる刀剣乱舞で、アニメになってもこのキャラが担える場所は小さいかもしれない。そもそも出られるのかもわからない。前野くんがこの子を好きになれるような深みや時間が、与えられるかどうかわからないから。期待はしないでいよう。そう思って始まった刀剣乱舞-花丸-

すごかったよねえ。すごかったです。ぶつ切りのセリフじゃなく、みんなと会話して、大きなエピソードやシーンを担って、私の本丸でも友達の本丸でもみんなの本丸でもどこでもない「花丸の本丸のまんばちゃん」をこの作品はつくりあげてくれた。そうやって前野くんの中の山姥切国広くんに、やっと血と肉が生まれた気がする。私たちが山姥切国広くんを(おかしくなるくらい)好きだっていう気持ちの、根元のところが、やっと共有できた気がするのです。

それが、イベントのその日の最後の言葉で、ちょっと恥ずかしそうに「まんばちゃん」って呼んでくれた一言に集約されたと感じた。そもそも前野くんのイベントでのご挨拶は基本定型文で、それ以外の事を喋ること自体がまれなんだけど、この日のご挨拶は昼も夜も定形外で、そうしたことも私の涙腺を緩ませたのだった。本当に楽しかったし、言いたいことがあって、それを言ってくれたんだろう。うれしいよ。

14人っていう、私が今まで声優イベントでみてきた中では最多の出演者数。新人や若手の子たちの前がかりなコンテンツ愛にも巻き込まれて、私の大好きな作品世界で楽しそうに遊ぶ前野くんを見られるのは、本当に幸せだった。
「推しが演じた作品やキャラクターを大好きでいてくれて、それを全力で表してくれるというのは本当に幸せなことだね」
友人の弁。
そのとおり、なのだ。

私はとても幸せだよ。前野くん大好きだ。いつもありがとう。

2017.01.24

3日目夜から先の話。

3日目夜。胃腸の違和感、膨満感に悩まされる。咳がなんだか止まらなくなる。

1/22。4日目。 咳のことを訴えてみると、部屋の乾燥のせいでは?と言われる。部屋はガンガンに暖めてるけど、カビの原因になるから加湿器が入れられないとのこと。サージカルマスク使用自由とのことなので遠慮なく使い始める。そして咳が止まる。マジか。

朝食後に退院診察。問題なし。前日見たバナナの皮みたいに剥かれてた画像が気になって、Dr.に思わず「あのべろんべろんに剥かれてた卵巣って元通りになるんですか」という質問をしてしまう。そりゃ元通りにならないわけないだろうと思うものの、「数週間で元通りになりますよ」でぶったまげる。人体sugee。 元通りって軽く言っても、該当の卵巣、もう10年近くに渡って通常の形を成していなかったわけで…。 人の体は戻ろうとする、というパワーをひしひしと感じたり。 退院診察終わりで防水テープも剥がされて、縫い糸がわりのテープしか貼ってない状態。「これでシャワーいいんですか」「いいんですよ!不安になるかもしれないけど大丈夫だから、むしろ泡とかで優しく撫でて清潔にしてあげて」「マジか」この時点ではまだテープの上から触れるとピリピリ痛い。

胃腸の違和感と首の痛みに悩まされつつ2CELLOSのライブとか見ながらダラダラ過ごす。体を起こす時の腹の痛みが減っていることに気づく。あまり腹筋を使わない便意の消化法と、あまり腹筋を使わない笑い方を会得する。

4日目夜。なぜか眠れず。 延々昔マイリスしたニコニコ動画見ながら笑いを堪えて朝を待つ。

1/23、5日目。朝退院。 ゴロゴロしてるぶんには元気だったが、体を起こして動かし始めると怠いし、具合があまり良くない。 ママンに荷物全持たせてしまい申し訳無い。

家の飯がめちゃウマ。 一度良くなってた膀胱炎ぎみの症状が悪化する。なんでだ? 夜、微熱。おそろしく発汗して嫌な想像をする。意外と熱は出てなかった。 体を横向きにして眠っても痛くないことに気づく。 相変わらず眠れず、睡眠が1.5時間サイクル。グミをトッピングしたピザを強制的に食べさせられ続ける人をずっと見させられる、という謎のやたら鮮明な夢を見た。溶けたハリボーとチーズの絵が妙にリアル。

1/24。6日目。 微熱感はだいぶ引いたが排尿痛が最高に嫌な感じ。飲む水の量を増やす。努力の甲斐実って夕方には炎症が多少遠のいたように思う。おのれ尿カテ。 午前中はEテレとどうでしょう、午後はキンプリ円盤を見てた。入院前からこのタイミングでキンプリは見ようと決めていた。

毎日昼間は痛み止めが手放せない感じで進行していたんだけど、夜、痛み止めが切れた時間でも首はもう痛くないことを発見。そして歯磨きでえずいてもお腹あんま痛まない。あれ?と思ってテープの上から傷をなぞってももうピリピリしない。あくびも、げっぷも、平気だ。おお。人体よ。おれの人体よ…。(賛美)

明日からは少し動く量、起きてる時間を増やさなきゃな。現時点ではスタミナ、メンタルも含めた自信みたいなものが足りない。退院のご案内に「安静にしすぎると回復を遅らせます」って書いてあったのが衝撃で、そーゆーもんなんだろうと。

今夜はもう少し長く寝たいなあ。 オヤスミー。

広告を非表示にする