Wandering Star Line

好きな子に満ちた世界で笑って生きています

2017.01.21

爆速回復中〜〜夜から通常食に戻るぞー!というわけで自分用メモがてら経過をまとめて報告します。

ナースに聞いたら嚢腫と筋腫、腹腔鏡と開腹ではかなり状況違うとのことなので参考程度でな…(ぼくは卵巣チョコレート嚢胞の腹腔鏡手術でした)自分の話だからサクサク書けてるけど、読んでキツイ人もいる気がするのでお気を付けください。すいません。

術日1/19。午前の手術だったんで前夜から絶食。夜の間に点滴がわりにOS1を経口で1本半飲む。これ地味にきつい。朝から水禁。 9時までならシャワーオッケーって言われたので15分で浴びて頭まで洗う。 ナース氏「今浴びとかないと一生入れないかもしれないよ!」なんてこと言うんですか!笑(そう言う感じの間柄でした) 前が終わり次第ってことだったんでいつ呼ばれるのかわからん。弾性ストッキング履いて、着替えて、完全に処刑待ちの体。暇を持て余す。 11:25くらいに11:30ですって言われて5分であわてて準備。 この状態では単に「ストレッチャーに寝てるだけの健康な人」なのでエレベーターの中で思わず爆笑する。 ナース氏「笑うしかないよね、わかる」

手術室さむーい。ここで初めて点滴入る。うまい。全然痛くない。 チームメンが揃って来てなぜか全員「ここ寒くない?」って言ってる。偉い先生まで言ってる。笑う。 酸素ついて麻酔医が「ドキドキしてる?」って素人モノみたいな質問をしてくるのでこっちも「緊張してます」って答えたら「じゃあリラックスする薬入れます」って言われる。実際緊張で全身震えてた。頭がポワーンとしてきて、次に気付いたら部屋に戻ってた。腹が痛かった←唯一認識できた現実

麻酔効きすぎたらしく、部屋に戻ったのが14時半で、まともに目が覚めて酸素マスク取れたのが18時くらい。 Twitter書き込んだりLINEで連絡したり。 この時点では麻酔残ってたのでまあ痛いかなくらい。

で、最初の夜!痛い!
すげー痛い!眠れん!

我慢しないでナースコールすればよかった!痛かった!! この時めちゃくちゃ痛かった右腹は出血を見るための管がまだ入ってたことが朝に判明。 そりゃ痛いわけだよ…腹に穴あいてんだもん…。 入院前に散々ネタにしてた尿カテも痛い。 腸が動いてガスが出てくるんだけど、それが謎のケツ付近の七転八倒の痛み。 屁ひとつにこれは想像してなかったぞ…。 教訓:痛いときは痛いって言ったほうがいい

1時間半ずつうとうとを3回くらい繰り返し、朝が来てやっと水が飲めるようになる。マッハでロキソニンを飲む。福音よ…。

1/20。朝の回診で全く出血がないのでお腹の管が抜ける。 1日目で取れるのは早い方とのこと。 ウェーイ。

仰向けであちこち緊張させながら寝てたので腹だけじゃなく全身痛くて、歩く練習を昼に延ばしてもらう。 それでもどうにか昼には歩けることになり尿カテが抜ける。 しかし部屋がトイレから遠いじゃんよ…。

尿カテ抜けた後次の日の朝くらいまで排尿痛が結構あってキツイ。ナース氏に聞いたらどうしても擦過傷みたいなのができてしまうことがあると。 膀胱炎になると困るのでできるだけ水分とってお小水どんどん出してくださいね、とのこと。

繋がってる管が点滴だけになりかなりラクに。 切れないようにロキソニン飲みつつ過ごす。 夜、点滴抜けて3分がゆ開始。 私は自由よ〜〜!!!!(※ムンクさん)

2日目の夜。基本爆睡。 しかし寒かったせいか夜中に咳き込んでうっかり地獄を見る。 いってええ!!!!!! 咳き込まないほうがいいに越したことはないけど咳き込んでも傷開いたりはしないから安心せよとのこと。 でも痛い。

1/21。3日目。 明け方も咳き込む。 雨の後の晴れ、強風。 この咳は花粉では? ロラタジン(クラリチン)再開させてくれと頼んでOK出る。 例の香港のど飴持ち込んでて助かった。

朝は五分粥、昼が全粥。 お通じ来たと思ったらやたら下す。仕方あるまい。 昼食の直前にドクターから手術中の詳しい説明しますねーって言われて、超リアル己の中身の鮮明写真と対面。 興奮する。 やー、エコーやMRは簡単に見られるけど、ほんとに自分の臓器の中身だからね!?凄いなあ。 思えばこの人は去年も胃の内視鏡を見て興奮していたのであった。 腹腔鏡だからカメラの写真を残せるんですよーと言われた。なるほど。 正常な卵巣がかもめの玉子(お菓子)くらいとすると、もう片方は特上マンゴーくらい。マジか(マジか)。 その中にのう胞を抱えてて、膨らんだのう胞のせいでマンゴーの大きさに膨らまされちゃってるわけです。とんでもない。 皮みたいになっちゃってる卵巣を切り開いて剥いて、のう胞を取り出して、そのままの大きさだと外に出せないので中身を吸い出して、しぼんだ風船みたいにしてから取り出したと。 中身(古い血液とかでできてる)、400ccくらいあったそうで。 400ccの水風船抱えて数ヶ月何事もなく頑張ってくれた俺氏左卵巣、えらかったなあ。よくやった。

出血も全然なくて無事に終わりましたよーと先生のお話終わり、直後に昼食はねえな… 食べたけど。完食したけど。 自分の話だから平気なんで、他人の話だったらこれ無理ですな。

もうシャワーもOK出てて、このまま行けば予定通り月曜退院になりそうです。 病理の結果までは完全に安心とは行かないけど、まあ大丈夫でしょう。

低侵襲ってすげーな…と改めて思ってるところですが、昨日からとにかく肩と首が痛い! 寝違えたみたいな痛みで、特に起きてるとひどい。 なんじゃこりゃ、とドクターに相談したら、「腹腔鏡やるとそうなっちゃうんですよ」と。 おなかを炭酸ガスで膨らますんだけど、そのガスが体に残ってて、特に体を起こしてると首や肩にそれが来て痛いんだとか…。 なんだよそれ聞いてないよ… 抜けるまでしばらくは我慢してねーってことらしいけど、ガスなら大人しく尻から出てってくれと思っています。無理ですね。ガスの入った場所、消化管とはつながってないもんね。

そうそう、一晩経ったら屁のひとつに七転八倒することがなくなっていたのが一番感動しました。 人体すげーな!!!

広告を非表示にする