Wandering Star Line

好きな子に満ちた世界で笑って生きています

2016年のまとめ③ おおみそか+BLCDアワード

2016年のまとめ③

去年と同じフォーマットで

  • 声優現場(生+LV) 15回
  • 舞台俳優現場(生+LV) 23回
  • 買ったCDの枚数(配信除く) 25枚
    うちBLCD 6枚
    円盤、書籍、イベント、舞台、グッズ総計 634,754円(前年438,800円)

交通費とかサッカー観戦とか他の飲み会とかは含まない金額。
今年はウエディング(およそ給料2か月分)もやったけどそれも含めない金額。
だがこれでも去年までより全然貯金量が増えry…後悔の文脈ではなく、スケオタ人生とは何だったのだろうと思案する。

BLCD減ったのは単純に出演作数が8本、うち6本買いましたってことで。
CDの枚数減ったのは「前野くんなら何でもいい」をやめたから。取捨選択をするようになったから。ですね!

でも先週のカルナイのシングルは5枚買ったし、前野くんの写真集も2冊買いしているし、取捨選択というよりは、「選択と集中」なのだと思います。

買ったCDがオリコン週間1位。いつぶりだろう。
この私が5枚買うんですよ、取ってもらわないと!という気持ちと、実はスターリッシュすらまだ取っていなかった週間1位を、カルナイが取れるような環境でリリースしてくれた、うたプリにかかわる人たちに感謝の気持ちでいっぱい。

このご時世に初動10万8000枚は立派な数字だと思いますよ。
みんながんばった。私もがんばった。

単なる物量作戦ではなくて中身もそれに相応しい、いかにもシングルというおそろしくハイカロリーな楽曲で。数字も内容も結果も伴った今年最後の嬉しいニュースでした。カルナイちゃん、ここまで来たよ。


BLCD、アワードできるほど本数聞いてないのでお疲れ賞だけ

★お疲れ様でした賞(最多出演)
佐藤拓也さん(19作品)
攻め11、受け8
爆増王!!! 何がすごいって、たくちゃん2010年BLメインデビューで今予定含めてトータル38作品なんですけど、そのうちの19作品が2016年。 たくちゃん担の友達が本当に大変そうだった (裏名義の女性向けエロCDも本当に多かったしね…)。 ブレイクのきっかけがきっかけだけにどうしてもお相手が固定気味なのがもったいない。 何が言いたいかというと前野くんと対戦してくれってことです。 しょくんばだって一大ジャンルやぞ!みんな喜ぶよ!
何本か拝聴しましたけど本っ当に受けも攻めもうまい。 来年も楽しみ。

★お疲れでした賞2(ハナ差)
興津和幸さん(18作品)
攻め13、受け7 ※リバ、複数P重複カウント
たくちゃんは爆増王ですが、興津さんがすごいのは去年17、今年18という全然ペース落ちなかったところ。 お相手もバラエティに富んでて円熟期って感じです。 何が言いたいかというとまた前野くんと対戦しようよ~攻めてくれよ~ってことです。 もうこれ2年以上言ってるのでは…。

来年も推し様が1年に1本くらい受けてくれるCDがありますように真剣に祈願している。というわけでこれは書いておこう

★推し様が1年に1本くらい受けてくれるCD賞
知ってるよ。2 -君とふたりで-(フロンティアワークス

羽多野渉×村瀬歩鳥海浩輔×前野智昭
尊かった。2年前の前作のアレさは何処へ!ありがとうございます! 最高に最高が過ぎた…。まえのくんの乗っかり受け…。うっ…。 鳥ちゃんはセリフはみかちとは勿論ちょっと違う音域だけど喘ぎになるとそうでもないし その鳥ちゃん相手に乗っかり強気男前受け!あああああありがとうございます! 前野受け好きとしてもあれですがみかんばの民として私は星になった。需要で殴ることは大切なのよ…。
これ何度も言ったけど。BLCDの絡みが「0」から始まって「10」で終わるとして、 10のあとの「11」「12」「13」っていう段階をやってくれる脚本や役者さんがいて そこに私は大変エロスと萌えを感じるわけなんですが、 前野くんはただでさえどういうわけだか「10」がある脚本が少なくて (大抵カットかフェードなんだ!どういうわけなんだ!) それがこのCD、「0」で始まったあと「8」くらいまでは飛ぶんだけど、 そのまま「10」まで行ってささやかに「11」があるんですよ、 それがもう尊くて尊くて;;;;;;; 聴きながら「ぁ~~~~~~~~~~~(平伏)」って感じでした。

BL本数は減ってるし続き物も多いんだけど、その中でもどの作品も今まで知らなかった前野くんのお芝居の扉が必ずひとつは開いていて、セリフ数の関係でどうしてもテレビアニメでは実感しにくい彼の役者としての過程を実感できるのがBLCDという場所だったりします。

まほろばデイズ」もよかったなー。原作買っちゃった。 とうらぶ薬研くん役の山下君のお初いただいちゃいましたね。 とにかく今年は前野くんの「ちゅるちゅる音」が大進化を遂げていて まほろばデイズは集大成って感じでした。 ちゅるちゅる音、年明けのスパラヴァ2にも大いに反映されるのでしょうなw

山下くんとのフリトで 「BLCDを演じるのはおもしろい」「じゃあ次は(山下君と)役割逆で」 みたいなことをノリノリで言ってらしたので 上がる心配はまだしなくてもいいのかな、と。 ていうか山下×前野はわりと聴きたいぞ。

ことしは若手同士のカップリングがホント多くなってきたんですが ベテランや中堅と若手の組み合わせ、左右問わずでもっと増えてほしいなあと思う次第。 技術の伝授は大事なんだよ。 BLCDは技術なんだよ!と谷山紀章さんも言っていた。


魂集めが全然終わらないし さっきあらまきくんのお仕事納めニコ生も拝見したし 今年の日記はこれでおしまいです。 よい12ヶ月でした。 1年前の京都が遠い昔のことのようだわ。