Wandering Star Line

好きな子に満ちた世界で笑って生きています

2016.04.28

週11本録画になった4月期ですが3週間ほぼ消化し終わりまして。
11本録画とか無理ゲーだろって思ってたけど意外と行けたのは、見事にだいたいが当たりを引いたからではないかと。どれも納得の面白さでストレスが少なく、とにかく前野くんのいい声メガ盛り祭り2016春。1クールもののレギュラーほぼゼロになった1月期も珍しかったけど、こんなにもセリフ量の多いレギュラーが重なるのも珍しいんじゃないかな。ヘイトやストレスを溜めないで済む作品で、好きな音域、好きな役どころの声が大量に聴けるって、最高だよ。息がしやすい。

新番で個人的な大当たりはキズナイーバーで、思ったより面白かったのがエンドライドだった。
キズナイーバー、とりあえず岡田麿里脚本の「あの」感じが私はとても好きなんだなぁ。痛くて死にそうなのに死なない、日常の中に心のドアをノックする言葉が常に流れてる感じ。一見不条理に見えてどこにも不条理がない。不器用な繋がりの話。好きな人はとても好きなやつだと思うので、見てみて欲しいと思います。あと、こんなにも楽しそうなお芝居のまえのくんは久々に見ましたね!もうセリフの一つ一つに笑顔になっちゃうよ^^多少キャラ付けは違っても、M3の時とおなじムードメーカーポジションなのでしょう。OPがまた映像とともにマジで最高オブ最高なのでこれだけでも観てみるとよいよいよいよい(残響音込み)
エンドライドはそれこそOPのLUNA SEAでまず全く無防備に殴られるのだがwそれは置いといていわゆる定番の異世界飛ばされモノなんだけど絵が非常に綺麗でそれ見てるだけであんまり難しいこと考えず癒されるやつでした。木や植物や空の描写が本当に綺麗。そして動物がイイ。ついでにますだとしきが初めそうと気付かなかったレベルでかっこよかった。まえのくんがまた昨今しばらくなかった超小者感あふれる敵役というおいしいところにいるのでそれも楽しい。長生きしてほしいです。どうかなー、長生きできるかなー。

あと双星の~は前野くんのイケメン声できゅうきゅうにょりつりょう聞けたので本当にありがとうございました、ごちそうさまでした。すごくジャンプ。

広告を非表示にする