Wandering Star Line

好きな子に満ちた世界で笑って生きています

2015.10.23

大ざっぱに言えばコスプレは記号を身にまとうもので、その記号をどこまで「ほんもの」にして現実に沿わせるか、という閾値は作る人によって、また予算によっても違うわけです。チャイナ製の業者衣装は当然その閾値がかなりゆるいものになるけど、最近のチャイナさんはある程度以上の代金を出せばそこそこ最低限、記号として間違ってないものを作ってくれる感じがあります。だからそれをそのまま身に着けてもいいんだけど、でもやっぱりこまで10か月も愛で続けてきた可愛い子を、記号論で終わらせるのは私自身がちょっと納得行かないんだよね。具体的に言うとちゃんと「縅し」てない草摺とかやっぱりナイヨ…という話です。

そういうわけで週末は修羅場です。来週も衣装休暇取るわよ。でも「このクソ忙しい時期に柄合わせの必要なテーラード作るのヤダ!絶対ヤダ!」という一点で外注したので、これでいいんだ。そんなことしたら絶対また精神を病む。

えっ、業者衣装の時だって今まで精神を病まずに撮影当日を迎えたことなどあったか!?(反語)

まぁでも、この子の方向性はアーサーたんと同じなので、大事故起こすことはないってわかってるから、まだ少し楽なんだ。


いくら言ったところで二元論の世界が一元論の世界に移行するにはまだまだ時間と血がかかるんだなぁと思うのです。それまでの間に必要なのはお互いが幸せに殴り合う期間ではないかと。どちらかが一方的に殴られるのではなくこっちだって殴り返すよと言う話です。一般的に(笑)男性が無意識にも女性性を搾取することを甘受せよと言うなら、女性だって同じように男性を性的に搾取してもいいですよね?しますよ?という発想でfjsのエロネタを盛大に展開している私でございます。腐だから許される、腐だからこそ許されない、*は性器じゃない論争等々ございますが、私の発想は結構シンプルで「だってお前もやってるよね?」です。それと、しちゃいけないところではしない。

まあ二十歳の時からこっぷれの世界入って、レイヤーはデフォで人権3割引きとかネットに書かれてですね、実際起こることはその言葉の通りだったりして、厭な思いもクソみたいな扱いもあったし、そんで801板覗いて姐さん達の強さで憂さ晴らしして、結局のところ殴り合いがwin-winになるなら今はそこで手を打つしかないなと思ったのよね。

それにしても今は女性向けでもきざみ海苔まぶしが当たり前だし、モブおじさんは大忙しだし、モブレ触手断面図がほぼ全ジャンルで一般化してるあたり、少なくとも二次ではハッピーな世の中だぜ…と思うのでありました。きざみ海苔ホントはあんまり画面として好きじゃないけどね。


昨夜は具合が悪かったのでとっとと寝たのですが、寝る前のおともに結構久々に「年下彼氏の恋愛管理癖」の1を聴いたらやっぱりすごくて、平川さんのこの凄さを越えるのって難しいな…と思いました。「はじめての」シリーズみたいに1トラックノーカットで全部の手順を逐一っていう描写の細かさとか、おせっせの内容のエグさとか、そういう越え方はできるのかもしれないけど、あの理さん@平川さんの「凄み」はそういうベクトルではないんだよなぁ…。ファンタジーを最大限のリアルに変換していく、正しい意味での「女優力」だ。言い方を変えると受け声優パワー。あ、それにピッタリ噛み合ってリードしていく攻め役前野くんも本当に凄いんですけどね。今年もいっぱいBLCD聴いたけど、なかなかこれを越えるセッションが出てこない。

興津×前野ください(最近こればっか言ってる感)

こないだ友人と話してた俺たちの理想のBLCDって話は良かった。結局さとたく・まえの・おきつで3Pしてもらってラウンド1が佐藤×前野×興津、ラウンド2はひっくり返して(興津+前野)×佐藤、内容はあんまり重たくないラブコメっぽいやつ、でも絡みはがっつり、という話で落ち着いたwこれで大体ウチらの聞きたいものが聴ける。


◆東京乙女レストランseason2 第3回
森久保祥太郎 花江夏樹 ゲスト前野智昭
内容もトークの中身も作品(ゲーム)か声優のどっちかが特に好きじゃないと厳しいという評価を下しているこの番組ですが…。もうね、あれね、男性声優呼んでごはん作らせて包丁握ってる手元の接写して作ったごはんを食べさせる、それだけ延々流してくれればいいんだなってつくづく思いました。前野くんの腰が細かった。とても。細かった。おてて美しかった。何度も見てるけどつくづく好みのおててだ。そして腰が細かった。 ひたすら癒された。 腰が細かった。(とおいめ) ライバル店の役やってるから、支給のお衣装が黒なんだけど。あれがイカンのだ。 前野くんが細いのなんて何度も見てるし知ってるはずなのに。 あの衣装はイカン。 森久保さんとのトークだから例のビタミン時代の前野くんが森久保さんの家で酔っぱらった時の話。いろんなところでこの飲み会の話聞いたけど、森久保さんのベルト抜いたっていうのは初耳だった、マジか。あれ以来外で飲むときは壊れないようにしてるってよく言ってるけどそらアカンわ。 はー…前野くんかわいいかわいい。ハッピー。 年内前野現場の望みがあまりないので映像で補給していくしかないなもう。

広告を非表示にする