Wandering Star Line

好きな子に満ちた世界で笑って生きています

2015.09.25

昨日は久々に服を買いに行きました。 地元のお気に入りのお店、最近そこでしか趣味服買ってないぞってくらいなのだけど、雨でお客さんが少なかったらしく、店員さんのテンションがだだ上がり。「服買いに行ったら特に頼んでもないのにノンストップで1時間くらいスタイリングされまくる」というオモシロ事態でありました。普段自分ならチョイスしないようなアイテムをどんどん持ってきて、いい感じに着せてくれるのですごく楽しかったです(こなみかん)何より私よりもノリノリで暴走していく店員さんが面白くてしょうがなかった…。 いや、ほんと楽しかったよ。他人のセンスで着せ替えっていうのも面白いね。目からうろこがいっぱいあった。 全部お持ち帰りしたかったけどそこはまぁがまんして、スカートとワイドパンツとシャツを連れ帰りました。ほくほく。いいんです、これからイベント2本あるし。 あとは靴が欲しいですな…。ショートブーツと、あと光るスニーカーかローファーとか欲しいです。 おお、物欲。


買ったもの見たもの聞いたもの一気にレビューいくよ~

◆劇場版プリパラ み~んなあつまれ!プリズム☆ツアーズ Blu-ray 初回限定生産テラコズミック☆スペシャルツアーセット
ありていに言えばプリズムヤクザCD付きブルーレイ。7/20のクラブハーレムでやった踊る!アイドルおうえん上映会の観客声を丸まま録音してCDに。ブックレットに名前も載りましてわたくしavexデビューでした。このCD、大変楽しい上に聞きなれると普通の楽曲のトラックが物足りなくなる恐ろしいCDでした。コールや絶叫やPPPHの楽しさがつまっております。そして男女比7:3くらいの会場でおもくそがんばる女子陣、畳み掛ける男子陣の「ヒロ様ァァ!!!」の爆笑。ブルーレイももう何度見たかわかんないわ、やっぱりブルーレイ画質最高。ブルーレイ画質のヒロ様のおへそ最高。情熱!熱風!スターライト…(ちゅっ!)…キッス!…グンナイ…。何回見てもHiro×Kojiのスターライトエクスプレスの二人で絡んで星座になってる意味がわからない。


◆I DOLL U キャラクターソロソングシリーズCD「LOVE COUNTDOWN~宿世の花嫁~」
黒夢ツバサ(CV.前野智昭)/avex pictures

藤原ここあ先生キャラデザのやつ。結局ゲームやってないんですが意外とゲーム自体は面白かったらしい。自称悪魔で黒髪ロンゲでエラそうキャラのアイドルということでどの音域使うのかなって思ったらカミュちゃんよりもちょっと上、意外な所だった。そしてキャラソンがまさかのど真ん中90-00年代V系!悪魔キャラで主人公をスレイヴとか呼ぶんだからもう少しそこを予想しておけばよかった。いや、もう、なんかもしかしたら前野くんの声ってこの手の曲が一番違和感なくハマるんじゃないだろうか。こういう感じのV系バンドのボーカルいた、いたよ。デスっぽい感じのバスドラのドドドドから始まってBメロがバロック風の6/8になった時の私の耐え切れずに吹き出す感じお察しください。歌詞が英語とフランス語とドイツ語のちゃんぽんで全部前野くんの声で言ってる時の私の顔、お察しください。見事かよ。


◆宵夜森ノ姫ドラマCD 宵夜森式生活術
まだ聴いてないのでレビューはしないんだけどこれだけ書いておく。 アニメイトで買ったら特典でレジ抽選の箱を出された。 何気なく引いたら「あたり」って書いてあった。 ちょっとお待ちくださいねと言って消えた店員さんがなかなか戻ってこない。 「あたり」、キャスト全員(8名)+絵師さんの直筆サイン色紙でした。

びっくりしすぎてなにがなんだかわかんなかったよ!!!!!!!!!!

前野くんのサイン当てたの3枚目です…。 たぶんこんなハイペースで当たるものじゃないです。


少年ハリウッド BEST ALBUM(キングレコード
少年ハリウッド(風見颯(CV.逢坂良太)、舞山春(CV.小野賢章)、甘木生馬(CV.柿原徹也)、佐伯希星(CV.山下大輝)、富井大樹(CV.蒼井翔太))

二次元世界のお歌ばかりを聞くようになって久しいですが、この業界でほとんどお目にかかれないものがあります。それが「歌のアルバム」。いや声優さんソロ名義でアルバム出す人のファンやってれば話は別なんだけど、少なくとも私はそれとは縁遠いわけで。少ハリちゃんのベストは、だから初回盤のスリーブからCDケースを押し出す、その重みがとてもなつかしく幸せを覚えた。
明日ライブだし録画をしっかり見直したけど、この作品は「佳作」という言葉がふさわしいなと思ってる。うたプリアイドルちゃんとはまた別の意味で、彼らはアニメの中で息をしてる。そういう風に作ってある。何気ない日常を、くだらない男子同士の会話を、どれだけ丁寧に作ってあるか。そしてそれをとりまく大人のせりふの、言葉の力。原宿、竹下通りって場所が持ってる、猥雑でミーハーで儚い、でもいるだけで何かが起こりそうなワクワク。何かを起こすために足を運んだあの日の記憶。いろんなものが本当に丁寧に詰まっている。
「奇跡は、僕たちの知らないところで起こる。
 それが本当に本当だとしたら、この世のほとんどは奇跡だ」


ここからBL


◆四号×警備-シングル・マインド-(フィフスアベニュー)
原作:葛井美鳥BE-BOYコミックス
森川智之×前野智昭 、安元洋貴 立花慎之介 羽多野渉 野島裕史

フィフスさんの平日昼間突然にやったサイン色紙キャンペーンの時に買ったやつ。そしてこの作品のサイン色紙当てました。6人寄せ書き! 2010年の作品。とにかくこの受が異常に可愛いという評判の一品。前野受け作品は少ないので勿体無くて、しばらく大事に聴かずに取っておいたというやつ。 5年前、28歳前野智昭さんの声域の高さにビックリ。そしてもう…、もう…、可愛すぎる!!なにこれ!!「わんこキャラ」というより「わんこそのもの」。 森川さん「ハウス!」 まえぬ「くぅん…」  殺 す 気 か 。 この可愛さだけで世界が救われる気がしました。恐ろしい。 絡みもめっちゃ可愛かった。まえぬ、この声、もう出ないんだろうな~。 あと、昔の作品ならではというか、ブックレットがすごく充実しててうれしかった。キャストの感想と原作先生の収録レポートまんが。今ならWebで見られる内容だけど、紙の方が嬉しかったりするよね。


◆美しい野菜 2(フィフスアベニュー)
原作:松本ミーコハウス/onBlueコミックス
前野智昭×野島裕史 2015.09.18リリース

で、最新の前野くん(攻)。
原作2巻の内容が素敵すぎたのでずっと楽しみに待っていました…、まるっきり期待を裏切らない、職人×職人の、どこを切っても職人芸しかない、脚本やお話の展開も含めてこんなに安心して聴けるBLCDなかなかないぞっていう作品でした。原作2巻だと終わり方が不穏なんだけど、CDではその手前のラブラブな部分で切ってくれたので、本当に幸せな気持ちでおやすみCDとして聴けるやつでした。のじひろさんの受けは平川さんとはまた違うベクトルの超リアル系職人芸だなぁ…。しかし漫画読んだ時にあーこれ音声楽しみだなって思った尿道責めのくだりより、次のシーンのお風呂でフェラ→お掃除のやつが私的にはまじカーニバル開催でしたな。私の中ではとても定評のあるしゃぶられ攻め前野くんですけど、なんか新しい扉というか、新パターン持ってきた!って感じで。ありがとう!ありがとう前野くん!(11月の恋愛管理3でも同じような受けに主導権のあるおしゃぶしゃぶのシーンがあるのでとても楽しみだよ) このまんがはけっこう絡みが多いんだけどちゃんと意味のある絡みをしてるので聴いてて全然ストレスがないんですよね。3が楽しみですね。

特典トークCDで「自分を野菜に例えると何だと思いますか?」というお題に前野くんが「どんな仕事でもお安くやらせていただきますという意味で、もやし」とお答えになったのがふいに目頭が熱くなりました。いつ推し声優がBL上がっちゃうんだろうってビクビクしている私からすれば、福音のよう。そうだよね、そんな君だから好きになったのですよ!


◆オレだけ見ないと××しちゃうぞ♥(movin' on) 原作:三島一彦/Charaコミックス
村瀬歩×前野智昭 2015.09.18リリース

で、最新の前野くん(受)。
というか本当に有り難い以外の言葉がない1年に1回くらい受けて下さるやつ。 原作がちょっと好みのテイストではなかったので怖かったんだけど、これは音声化大正解だった。原作の先生も「病んだ絵が苦手だって人も音なら楽しんでもらえると思います」って言ってらしたけど、まさにそれ。結構キツいヤンデレがうまくコメディタッチに落とし込まれていて、ツルンと聴けちゃいました。アユムの芝居がかったかわいさもコメディなら全然アリだな!まえぬは予想通りの中音域のイケメン声だったんだけど、それがキャラにドンピシャ。意外な良作に仕上がったんじゃないですかね。受けキャラになるとやたら芝居を回す役どころが回ってくるのはもう宿命なのか? そして散々前野受けあんまり気持ちよさそうじゃないとかあんまり喘ぎうまくないとか言ってホントすまなかった、今作で前言撤回しよう。やっぱ昨年手練れの受け声優を抱きに抱きまくったお勉強の成果なのだろうか。脚本も良くて原作だと見開き2Pくらいで終わっちゃうのに結構ふくらませてあって聞きごたえあったな~。アユムが初攻め(のわりにはうまかった)なので基本的にあんまりぐいぐい息入れて来ないんだけど、それでもちゃんと声でどうなってるかわかったので前野くんすごかったです。ふわっと不規則に高くなるイキ声のリアルとファンタジーのミックス具合が絶妙。激萌え。これ前野受けもう一度来るんじゃない?(500%くらい願望込み)来てもいいのよ?いやほんとこれだけ圧倒的にまんば受けが流行ってるので前野受けCDもっとあっていいと思うの…

フリートークで村瀬「前野さんに童貞を捧げました」前野「お、おま、何を言っているんですか!」のくだりはお約束だけど笑ったな。あと本編ではちゃんとピー消しになってる村瀬くんの卑語ネタがフリトだとセルフ消しで喋ってて、まえぬがめっちゃ慌ててるのも笑った。BLCD業界、お初の相手はまたいつか縁があるんですよ。楽しみですね。

広告を非表示にする