Wandering Star Line

好きな子に満ちた世界で笑って生きています

2015.09.23

この業界には時々神様みたいなものが降りることは知っているけど、その采配のかけらがそっと自分のところにも降ることがある、そういう感じの、とてもとても縁深く、じわりと心に響き続ける体験をさせてもらいました。 そしてそれを選んだのは私だ。 ひたすらな感謝とともにあの5分弱を忘れないし、ここをまた一つの出発点だったと振り返られるようにしたい。がんばろうね。 でも左肩が上がらなくなってるのだいぶ困るなぁ…週末ペンラ振れるかなあ

広告を非表示にする