Wandering Star Line

好きな子に満ちた世界で笑って生きています

2015.08.26

わたしにも発狂システムが欲しい(残りHPが2割を切るとボスの攻撃がスーパーキチガイになるアレ)


この夏は意外と出費抑え目だった!去年がどうかしていたとも言う。去年は7月8月で8万くらい行ってたけど今年は7月8月で6万くらいになると思われる(笑)←そんなに減ってないよ 昨年1年間に二次元と声優のために使った金額、今年はちょうど今の時点で同額使いきっている。残りあと4か月でどのくらい行くのかわかんないけどなんとかヨーロッパ旅行1回分くらいには収めたいでs…   …無理だな…(予算表見ながら)

◆青春機関銃 ~8話
興津×前野フェスティバル!!!!!!!!!!!!!!!!(絶叫) いいのか!?これ深夜帯とはいえ地上波で出しちゃっていいのか!? ずっとテレビの前で口押さえて何だこれ、何だこれって言ってた。 緑という役どころはなんかもう…スゴいな、私興津さん好きじゃなかったらこの作品無理かもしれないな、そのくらいすごかった。 みればみるほどどうしてこれ蛍を普通に男子にしてFree!みたいなニアBLの作品にしないんだろう、という疑問ばかりが。 アオハルラジオ聞いたらみかこしが、蛍の役は「ボーイッシュな女の子」じゃなくて「男」として演じて、とディレクションされてると言っていて、あーやっぱりなーと。蛍の女子としてのアイデンティティが見えなくてただ「器質的に女子」という記号だけがやり取りされてる感じ、一般紙で連載するために無理やり女の子にしてるみたいな気持ち悪さ、名誉男性ネタの気持ち悪さがいつまでたってもぬぐえないなぁ。好きな声いっぱいだし前野くん主演だしそういう意味では楽しく見てるけど、アオハルラジオのぱんださんの扱い方も含めてジェンダーアンテナがわりと不快に振れる。 ま、それはそれとして、心身雁字搦めにマウントされて口押さえられて、興津さんに言葉でも銃でもいたぶられながらくぐもった悲鳴を延々上げ続ける前野さんみたいなの地上波で聞けるの本当にやばかったです最高でした。発砲のタイミングが規則的だったせいもあり見事なBLCDっぷりでしたありがとうございました。抜けるなと思いました。私が男子だったら抜いてる。前野受けください(一年中言ってる)

◆シャーロット ~8話
6話ではいーーーーーーー!?ってなって7話でギャーーーーーーーーー!ってなって、8話でハァ??????????ってなった(いまここ) とりあえず6話までの展開はとても麻枝セオリーだった。クラナドもABもノータッチだったのでまえださんの話に触れるの15年ぶり(AIR以来)なのよね、やられたなぁ。 7話で出てくるチンピラが恐ろしく聞き覚えのある良い声でよもやと思ったら松田さんだった。ミンクさん!ミンクさん何やってんですか!!! シャーロット7話のしんどさはデス・パレード4話のしんどさと似ているなと思った。自分の中にあった生への絶望、底なしの闇を呼び覚ます感覚。それは消えたわけではなくて見なくなっただけだということ。

ちなみにシャーロットもひそやかな興津さん案件。(友利兄) 興津さんの時代は絶対来ると思います…。来てくれ。

キュートランスフォーマーII 第6話
前野くんゲスト参戦!ってことで見たら見事にツボっちゃってQTFの先達にいろいろ教わった。なんて卑怯なノリなんだ…(笑)アイドルネタになった時の微妙な空気www無邪気に「プリンスさまだね!」とか言う良平くんもおまえHE★VENS加入で他人事じゃねーぞ!「あなたにいい考えがある」とか「オプティマス殿はいつもオイルを垂れ流している印象しかないでござるな」とか大笑いでした。ほそやん愛おしい。これは今後継続で見ますわ。 https://www.youtube.com/watch?v=t3wZNak77do △アドリブ部分。笑う。


◆アニメ「スタミュ」ドラマCD ☆☆永遠★STAGE☆☆
2015.8.5リリース NBCユニバーサル
スタミュさん!10月にアニメ始まったらまったりと見守ろうと思っていたのだがこのCD聴いて前のめりで応援することに決めた(笑)初聞きの時私は戸外で聞いたことを激しく後悔した…やー…笑った…。キャストコメントがものすごい祭りだった…。 前野くんの役は特に可も不可もない感じなので推しを作らずに楽しく見ようと思う。推しは作らないと言いつつ興津さんはMVPだしあと硬質な平川さんたまらん。あと諏訪部さんがなかなかの神宮寺レンなんだけどレンの「レディ?」と同じ口調で「ボーイズ?」って言うので思わず噴き出す。

ツキウタ。3rd season 「Faith and Promise/アクア・リフレイン」
弥生春(CV.前野智昭)文月海(CV.羽多野渉
2015.07.30リリース ムービック
歌もの企画なのにレコーディングの音が微妙すぎることで私の中で定評があるツキウタ…今回もバックトラックもボーカルもどーにも音が劣化しててなんかどういうことなんですかねこれ、マスタリングがヘタクソなのかな~…。春くんのキャラはわりとニュートラルなので音さえよければもっと好きになれる企画なんだけどなー。

◆彼らの恋の行方をただひたすらに見守るCD 男子高校生、はじめての2「後輩が可愛すぎていじめたい」
原作・制作GINGER BERRY/立花慎之介×田丸篤志
1作目さとたくちゃん×ゆーとくんだったシリーズの2作目。Web試聴のしんのすの華麗すぎるしゃぶりっぷり(笑)にやられて予約した。あとたまるさん初メイン初受。いや、初メイン初受けでこの企画って、それこそ本編の内容じゃないけど、たまるさん一生しんのすのこと忘れられなくなっちゃうと思う…。しかも一緒に仕事すること自体が初めてって!マジかよ!

そうそう、来月出る3作目がまさかの竹内さん×興津さんでキャスティングだけで予約入れたんだけどWeb試聴聞いたら倒れ伏したよ。二人とも最高だよ…。神かよ…。(滂沱)興津さんは立花さんとか平川さんとかと同じタイプで、攻めても受けても巧いからほんと拝むんだけど、なんか興津さんの受けボイスの精度、とんでもないことになってきている気がしてる。ちなみにこの「精度」は説明が難しい感覚なのだが「音のお芝居だけで今どこがどうされてどうなっていてそのキャラがどのように感じているのかが異様に細かく伝わってきてしまうお芝居のテクニック」「ベッドの中にマイクおいてますよね?みたいな異常な臨場感」というような意味合いです。

もしかしなくても興津さん大強化月間の真っ最中です。すきです!すきだーー!!!

広告を非表示にする