Wandering Star Line

好きな子に満ちた世界で笑って生きています

2015.05.29

Vitaさんがとうとう我が家に! 画面きれいだなあ、その操作性も含めて感動しております。 そもそもメイト限定セットどころか通常版でいいやって思ってたポゼマゼさん。「限定セットだけのキャスト座談会DVD」この1フレーズでパーンと4000円ほど高い限定セット買う気になってしまった辺りチョロいな私! 寝る前に座談会DVDだけ見たんだけど期待を裏切らない面白さだったので後悔はしておりません。前野くん、壮馬氏、まっすー、おのゆ、界人くん、ぴこりん。あの6人のトークはワイワイというよりは「うるせえ!www」って言いたくなる賑やかさだっただけど癒されますな、癒されますな。トークパートも面白かったけどミニドラマの収録をさせてそれをこっち側からカメラで撮って見せるって言う企画がすごく面白かった。2本のマイクで6人の入れ代わり立ち代わり。タマゴじゃない売れっ子声優さんのそういうマイクワークが見られるような機会、意外とないでしょ。変顔したりターンしたり、半分はおふざけだったけど。主におのゆ。

ゲームは始めたばっかりだけどお台場の背景スチルの予想以上のリアルさには拍手、これたぶん数年後には史料になると思います。それはまさに「踊る」の映像みたいな。1年でもどんどん違う眺めになるんです、それが島。

このゲーム30秒に1回くらいまえぬにハニーって呼ばれるのでそのたびに脳内でどうもハニーです!って返してる。どうも!!ハニーです!!!!(しんどい)


◆EMOTIONAL POSSESSION 音成奏(CV:前野智昭
前野くんの唄う主題歌CDね、凄い良かったです。前野くんの今まで歌ってこなかったジャンル、使ってこなかった音域。「奏くん」の音域はヒロ様をもっと上に持ち上げて、チャラみを大幅に振りかけた感じで、その場所で歌う前野くんは凄く聴きたかったから、聴いていてずっとワクワクしているよ。私の大好きなピコピコドスドスで華やかなテクノポップ、結構お金のかかっていそうな音で、聞いていて気持ちがいい。あとボーカルディレクションした人と握手したい。えらい。えっ前野くんそんな風に歌えたの、ってくらい、ものっすごくいいニュアンスがついてる…。特に冒頭に書いた「ふれたんだー」のとこかわいすぎる、かわいすぎるだろ、かわいすぎるだろ!!

広告を非表示にする