Wandering Star Line

好きな子に満ちた世界で笑って生きています

2015.04.07

とかなんとかいいつつそーいえばPIW、たかひこくんとのお話しタイムはめっちゃめちゃ楽しかったことなどを思い出したりなんだり。歌詞のネタなんかで結構ガチに話してた。思えばうわー!みたいなテンションになったのは初めて参加した時の1回(2010横浜)だけで、その3か月後の夏の東伏見からは普通にお話ししちゃってたんだよなー…自分が何されたら居心地良いか、みたいなのを想像するのがアレ系のコツじゃないかなあ、と思ってるんだけど、まぁでかい声では言わないです。

テンパッて声かけられるより、常識的な距離感で、このキャラのこれはこうですよね、なのでこんな感じでこういうの撮りたいですって言われたほうが、あ、何枚でもどうぞ!こうしますか!あれしますか!ってなるもんなー。(※過去の話)(※男性相手に限る)(※女子の場合は超テンパってキャアアアアってなってくれることほどうれしいものはなかったのじゃ…ふごふご…)

(蛇足)そういえばフと最近の潮流(ついてけない感満載の)を見てて思ったんだけど、これから先のレイヤーさんは「えっ、列に女の子が並んでる…!」っていうあのときめきや喜びをもしかして知ることがないんじゃないだろうか。 カメラマンつかまらないとイベントにも行けないなんて、つまんねー世の中だな。

広告を非表示にする