Wandering Star Line

好きな子に満ちた世界で笑って生きています

2014.10.25

リーライの前野くん、カフェのマスターの役で、白シャツ蝶ネクタイ、ベスト、ギャルソンエプロンで登場だったらしいと聞いて(ガタン)


色々消化。秋番用でHDDごっそり空けた。

◆M3最終回。
無難な最終回。結局かっきーが猛烈なBL風味ラスボスというオチで、決着の部分はアカシとササメの関係性のみに的が絞られてしまったので、ちょっとだけ残念。読島住人じゃない勢の、エミルとマァム、エミルとヘイト、ヘイトとアカシ、イワトとアカシ、イワトとライカ、アオシとアカシ、アオシとカサネ、カサネと須崎、須崎と田崎…と繋がっていく「特別な」関係性があーこれいいなーって思っていて。その「特別な」関係性が彼らを助けて導いていくし、特に2クール目入ってからその関係性がよどみなくリレーしながら深まっていく感じがいいなーと思ってたので、最終回もうちょっとそこ頑張れたんじゃないかと。まぁ仕方ないか。
でもやっぱり楽しい作品だったね。ラジオも含めて。イワト君死ななかった、皆勤賞おめでとう!いやみんな死ななくてよかった。オチで一番泣けたのはヘイトちゃん、あとエミルでした。エミルちゃんとマァムの絆の描き方はさすがサトジュン監督って思いました。
あといつのまにか「レプリカ」好きになってた。買おうかな。

暁のヨナ#1~3。
原作ノータッチ。あまり前情報とか先入観を入れずに。 もうとにかくひたすらまえのくんがかっこいい。耳が喜ぶ。 本当にキャストの安定感がすごいな。それも含めて安心して観続けられそうな気がする。2クールだよね、メインじゃなくて「主演」の、このじゃぶじゃぶ感を幸せに噛み締めたい。 前野くんのかっこいいお声聴いているだけでわたしはしあわせ感じられるのですよ…。 ふわぁ。「御意」っつった。御意っつった!ふわぁぁぁ!!!

広告を非表示にする