Wandering Star Line

好きな子に満ちた世界で笑って生きています

2014.09.11

Q.今週のFree!ESはウィアウィアした?

□とてもウィアウィアした
□ウィアウィアした
□ややウィアウィアした
□あまりウィアウィアしなかった
□まったくウィアウィアしなかった

今週のFree!ESはウィアウィアしたかといえば当然ウィアウィアできるはずもないやつだったけどED後Cパートと予告で突如ウィアウィアした。あと途中ちょっとウィアウィアした。

ウィアウィアウィアウィアwwwwッヘイッフィーチャフィ—ッシュwwwwウェイwウェイwウェイwウェイクアッwww
ほんとあのふざけたエンディングどうにかしろよってここんとこずっとウィアウィア流れるたびにTV殴りたくなるけど逆にネオブルーブリージングとか流れたら死人出そうだしウィアウィアでいいのかもしれない。私が殴りたいのはTVというより七瀬遥なのだし。

というわけでFree!ES 11話
10話がいい最終回だったのでもう11話?まこはる?どうせ茶番だろみたいなすっかり軽い気持ちになって見始めましたとも。モモが明るく壮絶な名台詞吐きよった。サメヅカみんな大天使!1期はイワトビちゃんたちに凛が救われるまでの物語でしたが、2期はそうしてもがけば何かを掴むことを覚えた凛、それに教わったサメヅカちゃんたち。彼らが岩鳶ちゃんたちよりもとうに先に行ってしまったのだなぁ。そんな大天使の一人である宗介くんが大天使パワーを発動してもなおハルカナナセ堕天しっぱなしで私はTVの前でずっと殴らせろ…殴らせろ…とつぶやいておりました。あまつさえまこちゃんのスパダリパワーをもってしてもまだ堕天かよナナハル様!ふざけんなよ!

私はあのシーンは真琴に遥を殴ってほしかった。殴るかチューするかどっちかだと思った。でも、真琴だからできなかった。彼は声を荒げることはできても、その先には行かなかった。ただ手を握って、そして離した。達央くんの芝居すごかったね。この回のまこはるは全部茶番だと思って見始めたけど、そして脱力するぐらいテンプレだったけど、でもたっつんの芝居に完全に飲まれてた。泣くでもわめくでもなく、ただ頭の芯が冷えるように目を離せなかったよ。


◆ラブステ最終話
あれ!?もう最終話!?見始めるまで最終回だってことに気付かなかった。「最終話はがっつりBL、テーマは肌色」とのことで、深夜帯とはいえ地上波で、モブ未遂やらお初シーンのあれやこれや、見事なテンプレBLをよくぞやって下さった。テレビから一声だけとはいえ代永さんの可愛い喘ぎが流れたのに感動した。ラストで平川さんのいろっぺーセリフも聴けたのでよかったなー。うーん、楽しい作品だった。溢れる90年代ライトBLのかほり。流石姉ちゃん。
そして龍馬さん何か色々ご用意はされていたんでしょうか。気になる。ちょうきになる。昔はファンタジックな801穴が多かったから全然気にならなかったけど最近のBLはどんどん描写がリアル寄りになってるので、その辺ちゃんとしてない作品に出会うと気になって仕方がない。
来週ラブステがない状態でFree!見なきゃいけないのが辛いな。


オトメディア読んだ。まさかのプリズムボーイズ見開き4ページ。
キャスト個別インタ。かっきーの「コウジのプリズムジャンプ(胸キュン体験)はまともな精神状態じゃできないです」に笑った。前野くん「好きなプリズムジャンプはやっぱりヒロの情熱熱風スターライトキスと絶対アイドル☆I・N・Gです。IとNは身体で文字がんばってるのにGであきらめて大の字になってるのに衝撃を受けました(笑)」それニコ動でいつも突っ込まれてるやつな!「好きなプリズムガールはおとは」マジか!べるじゃないんだ!「収録序盤は、ヒロを演じてる時にスタジオ内からも笑いが起こって心が折れそうになった」それでもがんばった前野くんに乾杯。
キャラたちが今どうしていると思いますか?という設問にみんな「Over The Rainbowで頑張って活動してると思う。全国ツアーとか。きっと売れてる」って答えてるのが地味にキュンときました。あと、まえぬがHiro×Kojiの「Pride」について、養成所同期のかっきーとはいつか一緒に何かを作りたいと思ってたので嬉しかった、と。よかったねぇ…。

広告を非表示にする