Wandering Star Line

好きな子に満ちた世界で笑って生きています

2014.08.13

◆イワトビちゃんねるES 2014.8.11更新 4fr
島崎信長 ゲスト代永翼
友人から「今回のラジオ最高だから早く聴け」と指令が来て聴いた。爆笑。信長いい感じに壊れてる。ラジオの収録に水着着てくるとか本当にちょっと意味が分からない。

本編4Frの「もう一人の身体じゃないんだから!」って台詞に渚が妊娠したのかと思いました、っていうメールから
信長「あ、でも俺こないだ医療の進歩で本当に男性も妊娠できるって聞きました」
代永「信長くん妊娠したらいいじゃん。アフレコ進むとだんだんお腹が大きくなってくの。でさ、『たつさんの子供です。たつさん責任取って下さい』って言えばいいよ」
信長「えっ!でもそれDNA鑑定とかしたらバレませんか?」
代永「じゃあ誰の子供なら妊娠したい?Free!のキャストでさ」
信長「うーん…(考える)」
代永「つだけんさん?(笑)」
信長「つだけんさんもいいですけど、いや、全員産みますっっ!!!!!!」
代永「!?た、大変だよ!?2期になって更に男性キャスト増えたし。鈴村さんとか細谷くんとか」
信長「いや、この作品のキャストさんは皆さん本当に未来に遺伝子を残したい素晴らしい方々なので!!全員産みます!!!」
この人たちは……一体何を言っているんだろう…(笑)

からの本編5Fr渚回のマジ考察とうぃんぐの演じた感想の話で泣いた。ずるい…。でもあたしも本当にあの回の渚のお芝居は歴史的だと思うんだ。何度でも見たい。そして何度でも泣く。


鳥籠のマリアージュ、やりました。面白かった!いやーーー楽しかった。ありがとうございました。ごちそうさました!

これはね、乙女ゲーにエロを足したんじゃなくて、エロゲーを嗜む女子が男性向けでは物足りないと思う部分をがっつりケアしたエロゲーなんだと思う。両者には明確な違いがある。
男性向けでもの足りないと思う部分は例えば男性キャラの描き込みだったり、きちんとした恋愛要素だったり、フェミ的な視点だったりする。そこをしっかり押さえてくれてるのでプレイしててとても楽しい。つまり、美少女のエロカワボイスに加えて、男性キャラががっつりイケメン設定で性格が各種可愛げなやつを取り揃え、お馴染みのいい声の人達オンパレードで 大変いい声でてんこ盛りのエロ台詞+もうそれほとんど受けてますよね?受けですよね?みたいな喘ぎの連続という。笑いましたわ。これはエロゲー好き女子は 絶対好きだ。そしてラストは乙女向けらしくきっちり糖度の高いセリフを押さえつつ非常~~~にスカッとするエンディングが。

私がやったことある女性向けR18といえば他に紅花なんだけど、あれは「乙女エロ」なんですよね。乙女ゲーにエロ部分を足すという思想で作られてる。それでもかなりシナリオは良い方だと思うんだけど、やっぱり冗長だし、かったるくて途中でやめてしまったんだ。

鳥マリは攻略ルートもストーリー展開も明快でぽんぽーんと進んでいくのでとてもやりやすかったなぁ。ボイスちょいちょい飛ばしつつで1ルート2時間。まぁ 主人公も攻略キャラもびっくりするくらいチョロいってのがあるんだけど、そのチョロさは男性向けエロゲーのそれなんですよね。あのあんまり考えなくて いい感じは嫌いじゃない。

あとルートクリアのご褒美シナリオで絵がぬるぬる動くのでびっくりしたやつ。最近のADVの演出ってあんなことになってるのか~。

広告を非表示にする