Wandering Star Line

好きな子に満ちた世界で笑って生きています

2014.07.30

プライドが高い、相手の才能に惚れこんでる、小さい頃半身のようにわかりあって、その後袂を分かつ、でも今でも相手のことが大切で守りたくて反面奪いたくて、やっぱり才能に見とれる。プライドが高いゆえにものすごくシンプルで簡単なはずのすべてを解決する一言が言えない。 と列記すると山崎宗介と速水ヒロの共通点多すぎてブルッとくる(゚Д゚)

プリズム☆ボーイズコレクションのジャケ写の破壊力がちょっとすごすぎて私はもう松浦麻衣様にひれ伏すしかない。松浦さん今はラブステの作監やってらっしゃるんだよね。可愛い男の子描かせたら本当素晴らしい! それにしてもOver The Rainbow色々吹っ切れすぎ。 なんと尊い手つなぎのいかがわしさよ…おぉお…。 虹の先に待っているのは…パラダァ~イス…(残響音)


◆M3 14話・15話
主人公のクソさが際立って参りました。 ホラーアニメの本領発揮な感じで15話リアタイで見たら怖かった。 わかりやすくお化け屋敷怖いぞ!!でも躯たんカワイイぞ!! マァムとエミルのあれこれはちょっと泣いた。

でも最大の驚きはまだイワトとライカがチューすらしていなかったという事実と、それにかぶせて意味深な台詞のせいでイワトのBLルートがまた開通しやがったことですかね!なんてこった…。 まあそれをさしおいてもイワトさんがMAXイケメンだったよ。 「お前、俺の(LIMになった)マヴェスに乗れよ」 いっけめーーーん!! これは確かに矢作ちゃんでも惚れる。(とラジオで言ってた) そしてこのセリフを言ったことで死亡フラグが一つなくなったとも考えられるな…。 (期待はしてないです) (1分でも長く生きていてくれればそれでいい…) そういえば序盤で立て続けに2人死んで以来全然人が死にませんなこのアニメ。


DRAMAtical Murder 3話・4話
放送前から公式がお詫びを流した3話。心づもりしたのでそれほどショックはなかったよ。 まぁでもあれがクリアちゃん回だったら激怒してるかもしれない。 4話は作画がちゃんと復活してて、クリアと蒼葉の最初のハートフルで哲学でそれはそれは詩的なシーンがわりとキレイでありがたかったです。クリアちゃん名シーン今のところわりと綺麗に描いていただくことが多くて、いやあクリアちゃんばっかりスイマセン。 あと、くらげの歌! 本編で出た時から、いつかまさともくんが歌ってくれるといいな(=歌唱がちゃんと商品価値になるような声優さんになるといいな)と思っていたので、感無量ですわ。 おうた、がんばれ!


Free!ES 4Fr
毎回名作で死にそうになる。 画も演出も凄いけどやっぱり会話劇の力がすごい。 眩しくて痛くて、何気なくてはかない。男子高校生尊い。 BLはボーイズラブじゃなくてボーイズライフなのだ… ふりーちゃんはあまりに尊すぎてエスもの(ようするにマリみて)のような捉え方をしています。もうね、まぶしくて、素手で触れることも罪深いような感じ。

初登場の2話から、まるまる3話分かけて「なかまにいれて」って言えるまでの宗介を描いたのだと気付いたら泣けて泣けてしょうがなかったです。 それは至極シンプルで、本当はとても簡単なはずの。 それを、小学生の時の「何でも言うこと聞く」って些細な罰ゲームに、過去の遠い約束に縋るしかできなかった宗介くんの心中を思うともうね…もうね… 人と人って本当はシンプルなのに、どうしてこんなに難しくて、どうしてこんなにもどかしいんだろう。 1期ラストのメドレーやって一歩先に成長した凛ちゃんの眩しさはさあ、本当に残酷だよ。


そういえば私は小学校の時、読書は大好きで作文は得意だったんだけど、ただ読書感想文は本当に本当に毎年苦手で、中学に入って国語の授業で毎週レジュメ作って読解やるのも本当に本当に苦手で、どれもこれも苦しんだんだけども、今となっては「何かのコンテンツについて調べて、読解して、自分の解釈なり感想を述べること」の何がそんなに苦しかったのかまるで理解できないあたり(というかそれライフワークやん)、オタクというのは本当に怖くてすばらしいなと思います。

ちなみに中学の読解授業はある時期を境に突然苦しみながらも書けるようになり成績が伸びたんですが(3が5になりましたよ)、それがミラージュを読み始めた時期とぴったり重なっているというのがわかりやすいです。オタクというのは本当に怖くて素晴らしいんだぜ。

今もあの授業やってるのかな~。当時受験雑誌とかにも必ず取り上げられていたうちの中学の国語の授業は中学生にはあんまりにもマッシヴすぎたと思うんだ。I was bornと本気で向き合って死にかけたことをオラ忘れないだで。

広告を非表示にする