Wandering Star Line

好きな子に満ちた世界で笑って生きています

このblogについて

多趣味オタク。だいたいなんでも楽しくありたい。今日も私を愉快に生かす、明日も笑って生きようと思う、そう思わせてくれるものごとを好き好き言ってほめたい。そういう意図をもって書きとめるためのblog。トピック雑多。息をするように自然に腐女子であり、息をするように自然にそのような文化を謳歌する記述が含まれます。商業二次問わず。BL文化をわからない/許容できない/苦手な方は読むのやめておいた方がいいかもです。

2019.04.22 映画刀剣乱舞のロケ地に行ってきたよ

先週松坂城跡と伊勢忍者キングダムに行ってきたのでメモっぽいものを。
博物館と違って単身ではやや行きにくい(行けるけど写真撮ったり楽しんだりはしにくい)ので諦めかけてたんですが、復元安土城の公開終了がさにわパワーで延びたとのことで、友人と予定を合わせて行けることになりました。そのあとで大展覧会の開催も決まったんですが、まぁ我々のモチベーションって「ゆっくり人形遊びがしたい」とかだったりするので、あえての平日をからめた遠征になりました。

1日目。朝の新幹線で東京を発ち、名古屋で「まわりゃんせ」を購入して近鉄特急で松阪へ。昼過ぎ着。このフリーパスを買うかどうかは迷ったんだけど、最低限の必要経費を計算したところ1泊旅行でもほぼトントンになったことと、余り慣れない土地での観光旅行でいちいち切符を買う・バスの支払いをする面倒さを考えるともうこれで十分だろうということになりました。たぶん最低限トントンにはなってる(もう1泊して鳥羽水族館に行きたかった)

松阪駅前の観光案内所で荷物を預かってもらう(1つ200円)、街の地図と手ごろな昼食所をいくつか紹介してもらう。早々に「映画のロケ地を見に来ました」って言っちゃったほうが話が早い。街歩きをしつつ城に入る前に昼食(結局松阪牛は食べなかった)。食べてから城址へ。空腹で行ってたら途中で力尽きてたと思われる。噂どおりわかりやすく看板が立ってるので写真も撮りやすかった。桜が散った後で、例の場所にたくさんの花びらが散っていて、大変雰囲気があった(察しろ)。ゆっくり公園内を回ってから資料館へ、フラッシュなしなら写真撮って良いとのことで台本などなど撮らせてもらいました。ここの資料館も松阪全体もそうだけどなかなか芯のある歴史展示でけっこうおもしろかった。名残惜しくもう一度ロケ地を覗いて写真を撮ってから駅へ戻る。駅前で「あおさ」を購入。昼食食べたところで何気なく飲んだ味噌汁に入ってたあおさ(好物)が美味しくて、そうかー産地か!と気付いた。

宿泊は伊勢市の駅前のコンフォートを取っていたので移動。部屋は新しくて明るくてすこぶる人形の写真が撮りやすいライトがたくさんあり、一心不乱に人形遊びを始めてしまうオタク。結局夕食に出たのは21時半頃。外宮参道のバーで夕食。結構夜遅くまで空いてる店も増えてきて今度来たらまた色々行ってみたい。夕食終わって宿に戻ってまた人形遊びしました。

2日目。快晴、マジ強風。9時半の「CANばす」で忍者キングダムへ…なんでこの距離で40分かかるんだろうと思ってましたが、まぁ伊勢神宮めぐりなので仕方がないのです。それでも10時過ぎには着いてしまい。入口のコインロッカーに荷物を押し込んで中へ(すごく人がいない)。すごく人がいない、はわかってたことでもあり、狙ってたことでもあるのでいいんだけど、それでも何度でも言ってしまうくらいすごく人がいなかった。普通に(いろんな意味で)面白い場所だなーって思ったけど、ホント一人で来なくてよかった…。

キャストさんは土日はもう少し人がいるって言ってたけど、ここを楽しむには行く側のある種のクリエイティブな精神、面白がる気持ち、面白いものを自分で作る気概が要求されるだろうと強く思いました。えー、「クリエイティブな精神が要求されている」とかなり早い段階で気付いたのである程度それを実行しました。せっかく来たんだしね。レイヤーさんが集団で行ったらもっと楽しいに違いない。例の「長谷部レイヤーさんが滑空したやつ」は入園してすぐド真ん前にあるのでもうそれだけで爆笑してしまった。忍者劇場で公演やりますよって言われ「これ行かないと頑張ってるのにお客さんいないやつだ」ってわかってしまったので観に行きました。なんか2.5のオタクになる前と後でこういうものを見る時の心持が全然変わった気がする。お店の人やバスの運転してるおばちゃんは普通の観光地の人なんだけど、こういうキャストさんや、賭場で相手してくれたお兄さん(兼安土城ガイドのお兄さん)は、プロのテーマパークのキャストとして、お客さんを楽しませるべく頑張ってるんだよなあ、忍者のみなさん公演後にいっしょに写真撮ってくれたんだけど楽しい方々でした。

復元安土城は思った以上にちゃんと復元天守で、確か4月に入ったら下の階の展示は入れないって話だったはずなんだけどちゃんとキャストさんが展示ガイドしてくれて回ることができました。知識もちゃんとしてて面白く話せるお兄さん、この展示もガイドももう終わっちゃったんだなー、ちょっともったいないなー。復元人形たちが予想以上にデキがよくて、これもお役御免にしてしまうのはもったいないと思いました。でも宿泊施設にしたところで廊下とかに置いたら夜中漏らすわ。あれは。第1層の桶狭間のとこなんてどう考えてもホラーハウスで、ガイドなしだったら絶対スルーしてた。人形もなかなかだったんだけど、それ以上に各階に貼ってある戦国時代のこと、城郭建築のことなんかを解説したポスター展示が猛烈にアツくて、これは本当によほど好きな方がいらっしゃる…。例えば各地にあるお城の展示なんて、けっこう内容が古かったり、その土地の身びいきが強すぎたりする。博物館的な存在であれば逆に正確さを期す為に「熱い」文章は展示できない。ここにあったポスターは、そのどちらでもない「詳しいオタクがエンタメ施設向けに提供した熱いプレゼン」とでも言うべき内容で、大変興味深かったです。おもしろかった。

伊勢志摩は強風が多いんだよ、なんてどっかの店員さんが言ってたんですが、それにしてもこの日は風が強すぎた。天守の展望台は身の危険を感じるレベルで一瞬で退散、最上階へ向かったわけですが、最上階も風の家鳴りがすさまじくて。これほどの強風ではないにしろきっとロケでもこの6階の場所は開け放せば風があったと思うのですよ、映像では開け放したバルコニーから信長公が眼下を眺めており室内では燭台にろうそくが燃えてたと思うのだけど…、そよりとも揺らいでいなかったあの髪のひと房、不思議でしょうがない。この日の黄金の間はもちろん閉めきりだったけど、もし開け放してたら調度はおろか人間も吹っ飛んだんじゃないかな。おかげさまで狙い通りの貸切状態、30分ほど床に文字通り転がりまわっては人形遊びを堪能させていただきました。「三脚・照明の持ち込みはご遠慮ください、ゆずりあって写真撮ってね!2019年3月」っていう審神者向け貼り紙ありました。確かに明るさは足りないんだけど、壁の金を守るには照度上げるわけにはいかないんでしょうね。床めっちゃ冷たいのであんまり長居してると冷えます。

私たちの主目的はこれで達成して大変満足にて忍者キングダムを後にしました。にゃんまげにも会えたので(すごく周りに人がいなかった!!!)。最後に内宮で途中下車して、うどん食べて(伊勢うどん大好き)、立ち飲みで日本酒飲んで、お土産買って帰りました。伊勢角屋の「神都麦酒」はめちゃくちゃおいしいです。オススメ。

2018.12.31 2018年のまとめ

いい一年でした。もう少し来年は雑に生きてもいいんじゃないかなーと思う。
世の中にできるだけ愉快なことをふやせるように。私の肩凝りが少しでも軽くなるように。


・今年も意外とあちこちに行きました

新潟、金沢、青森、房総(日帰り)、神戸・大阪・京都、秩父、沖縄。
お仕事も含めてけっこうあちこち行けた年。どれも大変意義深かった。来年もあちこち行きたい。仕込むぞ!

うたプリ

シャイマス、スタリファンミ、シャニスト、雪月花、カルライ、スタリファンミシネライ。冬から春、夏から秋にかけて完全に2週間おきで友人と会ってたのだいたいうたプリのせいでした。すごかった。今年のあれこれは友人氏抜きには語れないものがあるし、これからも長い年月をかけて恩を返しとうございます。
会って話しているとたとえ何日連続で会っていても最後は宗教の話になるのがすごい。
御宿(ロケ地)行けたのすごくうれしかった。
来年は建国だ!

・舞台とか

9(LV1回を含める)
いい感じの距離感をやっと得た気がする。
それにしても悲伝はしぬかとおもった。ちなみに観る自分が想像できなくて円盤は未購入であります。
あの時自分の体で感じたもの以上のことはないんじゃないか、と思うのです。

・推しの人の現場

12(昼夜はバラで数える、LVは含めない)
思ったより行けたなって思う。AD-LIVEに行けたのが本当に本当に嬉しかったよ。その機会があることそのものがまず得難いもの。
この人のためにとってある「はじめて」はまだまだあるんです。

・今年の推しの人は最終的にいかがでした

美少女でした。
カルライの。いやでもほんっっっっとに、あれが最終最適解だと思うんですよ!まさかの唯一無二っぷり、その路線間違ってないし、誰よりあなたにしかできない!から!ぶれずに行ってほしい!ありきたりな、適当にそこそこ形を整えた男性声優の枠にはまらないでほしいです。できるから。

・今年ハマりはじめたもの

WWE
アスカ様、SD女子王座戴冠本当に本当におめでとうございます!
TLCは日本時間だと月曜のお昼休みで。ランチしてた店で叫ぶかと思った。
何がどうしてこうなったか私にももう説明できない。でももう間違いなく生活の一部になってしまった。来年は国技館はもちろん、大阪も行きたい。

・今年一番おいしかったもの

御宿で食べたお寿司か、伊勢えび
記念日ディナーのトリュフの温泉卵やユリ根も絶品だったし、青森で食べたあれこれもおいしかった。美食にけっこうなエネルギーを注いだ一年でした。

・今年一番おいしかった酒

あちこちで飲んだビール
今年はこれという該当作はなし。そろそろお酒の量を減らす、あるいは飲まない選択もありかと思っている。

・今年買ってよかったと思うもの

リュックサック
おそらく20年ぶりくらいにリュックサックを日常用のカバンにした。1つは肩凝りが限界に来たこと、1つは防災のため、もう1つは自転車に乗る時にトートが邪魔くさかった。そして御宿に遊びに行くタイミングでえいやっと買いました(そしたら友人もそのタイミングでリュック買って現れて笑った)。もうリュックサック以外のカバンを使えない気がする。これは人類の叡智だ。
あと、ユニクロのコットンリネンのワイドパンツ。私はこれで今年の猛暑を乗り切った。超やべえ。ワイドパンツ一生流行ってくれ。
もう一つはフィットネスジムの会員になったことで、これも人生がまるっきり変わる最高の投資になった。半年くらいでやめようと思ってたけど、もうジムに通わない自分は考えられない。

・今年始めたこと

ウィークリージェル(セルフジェル)
デンタルリンス使って歯磨きする
定期的に生ハムを常備する

・今年やめたこと

手と足の指の皮むき
30余年やめられなかった癖が、なぜか今年ピタッと止まりました。これは大変すごいことなので書いておく。

・今年増えた立体物

子リラ様、子グラ・ヴェルデ・アクア・アイリス・アラ・ロージー、大アクア、カミュちゅん、ミニ藍ちゅん2、ミニカミュちゅん、ミニ音也ちゅん、パペラまびちゃんと鳥さん
とにかくシャイマスのタイミングでぬいぐるみが増えすぎた
現状でかいネコ2匹、小さいネコ7匹。
母「このクマかわいいけど増えたね」私「ネコだから増えるんですわ」

・BLCDとか

今年は全然買わなかった!出なかったから!(出演は計3本で攻めと攻めと攻めでした)
もう今持っている続き物が終わったら引退なのかなーって思ってたら、突然今週新作発表されてひっくり返っている。いやそれはすっごく嬉しいんだけど。引退しないんだったら受けてくれ(この上ない真顔)。
シチュエーションCDもあんまり好みのものがなくて、ほとんど増えてない。

・今年面白かったもの

というわけで諸々、印象に残ったやつ書きます。

  • 恋歌ロイド(シチュエーションCD/ダミヘ/マリンエンタテインメント
    圧倒的に女子(聴き手)の下に仕えてご奉仕してくれるの良い!この人の場合はこういう役どころが特に最近少なすぎる。えー、女性向けコンテンツでヒロイン(受け手)に向かって上からオラつかれますと、当方としましては「やんのかコラ」という気持ちになってしまい好意など秒で失せてしまうので、そういった需要があることを強めにどこかにお伝えしたいと思います。これは優しいキャラクターの優しいお話で、ストレスほとんどなく聴けてよかった。「シチュエーションCDでハンドマッサージ」っていうわりと耳新しい試みがじわっと良かった。

  • ディズニー声の王子様 Voice Stars(歌唱CD/avex
    特典の件では燃やしてやろうかと思いましたが結果オーライということで。プリリズでtrfのカバー歌ってくれた時も思ったけど、「声優にちゃんとお金をかけたちゃんとした曲を歌わせる」という機会をもっと、もっともっと、もっとくれ!ほんと、こういうのが聴きたい。私はディズニー曲を日本語詞で歌われることには強めのアンチであったにもかかわらず声優が歌えばなぜか何の問題もないという不思議な現象に絡め取られ、なんせ花江夏樹さん大優勝という…。はなえくんアリエルすごかった、すごかったなあ。推しの方も本当に良い曲を気持ちよさそうに歌ってらして、生で聴いたら泣くのではないかという恐怖におびえている。20年の時間を越えてやっぱり私の推しはミッキーマウス・マーチを歌うという、これまた不思議な現象を私は20年前の自分に伝えに行かないといけない。

    We Love Mickey -Happy 70th Anniversary-

    We Love Mickey -Happy 70th Anniversary-

  • 小野・下野のどこでもクエスト(声優バラエティ)
    たぶん今まで見たTV放送声優バラエティの中で歴代1位で面白かった。はぴぼ抜いたな。どうでしょうをオマージュしているのは前提としても、見事なテンポ感、放し飼いにするとことしないとこのさじ加減、そもそもの小野D下野さんの面白さ、たぶん声優知らない人が見ても面白く感じる要素がいっぱいあって、何より本っっっ当においしそうにご飯を食べビールを飲んでくれた。同クールでやっていた推しの番組が(今までの実績から予想していたとはいえ)おいしそうでも楽しそうでもなくてただ淡々とつまらなかったのが悲しくて、余計この番組が輝いて見えました。「楽しい」「おいしい」を伝えるのなら、本当に楽しいって思って、おいしいって思ってくれよな。試食番組にわざわざ金払いたくはないんだぜ(払ったけど)。どこクエは2期待ったなしだし、北海道じゅうを飛び回ってほしいと思います。おのでぃ、しもんぬ、私の大好きな釧路の街の、おいしいところや楽しいところをいっぱいうつしてくれてありがとうね。

  • 羽多野渉佐藤拓也のScat Babys Show!!イベント(声優イベント)
    笑いすぎて死ぬかと思いました。久しぶりに打ち上げ花火になる前野智昭さんを見た。豊永くんと4人でユニット組んでくれ。忘れてないからな、ヴァイスクロイツ。あの会場にヴァイスクロイツがちゃんと刺さってる客はいったいどれだけいたんだろうか…。

  • 重神機パンドーラ(アニメ)
    1年に1本くらい「推しが出てなかったら絶対に見なかっただろうやたら刺さるアニメ」ってのがあって、今年はこれだった。五体投地通り越して布団にめり込むくらい前野智昭さんの素敵なところ、聴いたことのないお芝居が端から端までコレクションだったってのも嬉しかったけどさ、まぁ見ごたえのある面白い話だったよ。台風で吹っ飛んだ番組イベント(吹っ飛んだ回が人生最良のチケットだった)の思い出も含めて、今年はこれだったなーって思う。年々アニメ見る本数少なくなってるけど来年もいい作品に出会えますように。そしてまた良席を引こう。

それでは部屋の掃除もあらかた終わったので良いお年を。今年も私にお付き合いくださってありがとうございました。数十年来懸案にしていたカセットテープのデータ化にとうとう手を付け始めてしまい、目まぐるしい感情に翻弄されながらの年越しになりそうです。シャニライカウコンもいかなきゃね。シャンシャン。


2018.10.10 あどりぶにいってきたのよ

日曜日の横須賀。横須賀ってたぶん十数年前に当時の友達に「hideミュージアム行くから一緒に行こう」って言われてついて行ったの以来だし、そもそも横須賀芸術劇場はもより横須賀駅ではなかった。物販のために少し早目に行ったので開演までどこかで待とうと思ってホールの建物から出たら超唐突にすぐそばに海が現れてビックリしました。海って何かの気配がするものだと思うけど、その気配を省いて突然出現する静かな海辺と軍港の景色、普段見慣れないもの!という感じでだいぶ興奮した。

というわけでとにかく推しの方の初舞台ということになるのか、AD-LIVE。きっと構成する人間が変わったらぜんぜん性質も変わるんだろうけど、舞台でもあり声優イベントでもありそのどれでもない感じ、めちゃくちゃ不思議で面白い空間。行って見届けてきました。昼公演は現地。夜公演はLV。この気持ちをなんていっていいのかわからないけど、いつかカルライの後に「行く前の自分と行った後の自分は明らかに違うもので、もう行く前の自分には戻れない」という書き方をした、それと同じことが起こったんじゃないかな、と思っている。この世にはまだ見たことないものがこんなにも、いくらでもあって、推しの方も(めんどくさいけどなんとなくこのエントリではこの呼び方でいくことにします、読みは「おしのかた」です)それを創り出す一部であると。それがどんなにうれしいことか。その機会を彼に与えてくれて、ずっとオファーし続けてくれた鈴さん、それを受け一歩踏み出す気持ちになってくれた前野くん、そしてあの空間を成立させてくれた櫻井さん、とにかくあらゆる人にお礼を言いたいと思いました。むちゃくちゃ楽しかったし、観たことがなかった。体験したことがなかった。似たような感覚はいくつか思い浮かんだけど、あそこは構成する人間によって如何様にも姿を変えるし、そのどれもが正解でいいんだなっていう。そういうことだよね。他の人のも観たくなった。

推しの方、単品でステージに立つことがほとんどないんです。それは別にご本人の好きにしてくれればよくって良い悪いではないんだけど、とにかく見たことがなかった。いつも複数の出演者の中の一人で、何かを演じるような場所ならなおのことたくさんの中の一人だった。だから板の上に殆ど2人でいて、だから常にしゃべっていて、それがオリジナルで、即興で、設定もキャラも彼自身が創作したもので、っていう時間が立て続けに何時間も続いて、正直私はもう「推しの方の発信する推しの方自身のなにか」という新しい刺激に情報過多すぎてその日の夜は頭の中がぐっちゃぐちゃに破壊されてました。推測でしかないけど今まで彼を見てきた人は多かれ少なかれ同じような状況だったはずで、この人が投げかけてくるこの人自身の創作物、というあまりに稀有なもののシャワー、それがスパイスでも飛び道具でもなくメインディッシュとして存在する長い時間、というものに果たしてお仲間たち、脳みそ大丈夫だったかな、って思う。私はまったく大丈夫じゃなかった。こんなにも観たことがないものを脳みそに流し込まれてぐっちゃぐちゃに破壊されることが気持ち良くて幸せで、帰りの電車も帰宅してもずっと顔が笑ってた。いまもそのキマった状態はわりと続いてる。この得体のしれない、初めての種類の多幸感を私はまたずっと咀嚼して反芻して生きていくのだろうし、そういえばそれは2年前、2016年3月12日からの時間もそうだった、のだ。

大き目の声で言いたいけど「お願いだからまた出て。」
この人は自分で考えてるよりもずっとずっととんでもない人なのだと思いますよ。自覚がないところも好きですけど。これを繰り返して磨かれたり尖がったりして行く様を私は見たい。とても。見たいです。


ちょっとだけ具体的に感想を書いておくと、「彼に万全の相手を」という目論見で櫻井さんを当ててくれた鈴さんは神だと思うわ…。マジで業界屈指のレシーバーと言うに相応しい。夜公演の絶妙すぎるレシーブと誘導には拝む思いでした。昼は逆に受け側の推しの方がぶっ込みまくっていたので大変だっただろうなあ…と思いつつぶっ込んでくる事もある程度織り込んでいたのかな、という気がした。自称「カブけない男」で「自分自身にはあまり自信がない」から「全然違う人物になれることが楽し」くて「コスプレおじさん」でもある(相反するようでその4つのワードは全部底で繋がっていると思う)推しの方の全力、サイコーだったな。昼公演のほとんど出オチ状態のビジュアルを生であの距離で見れたことは脳内家宝としたい。正面を向くたびに「お願いだからこっち向かないで」(尊くて目がつぶれる的な意味で)と思ったのは初めてだった。夜公演の神がかった引きはきっとAD-LIVEの神様みたいなものが推しの方の頑張りを報いてくれたんだと思いますよ。ね。
ところで夜公演LVの前に同行の友達と王将でラーメン餃子食べながら(昼公演、きちんと食べてから臨んだのに終わったら超空腹だった…)夜公演の予想してたんですが、その時に私が何気なくぽろっと出した「色」「ネタ」「髪型」の三つが完全に当たってしまい、LVの映画館で友人と二人でヒェーーーーーーー!!と叫ぶ羽目になりました。びっくりしたなもう。

2018.09.24 雪月花薫る時に最も君を憶う話

9月は雪月花薫る時に最も君を憶って放心したり、友人が色々神がかっていて五体倒地したり、1年半越しで御宿にカルライ映像ロケ聖地巡礼に行ったりしていました。いろいろなことがあって8月後半から9頭くらいは結構きつかったんだけど、そういうことを経て、結局素晴らしい友と決してわれわれを裏切らないうたの☆プリンスさまっ♪という宗教に恵まれてぼかぁ復活しました。雪月花イベ、雪月花イベ、本当に素晴らしかった…。外から見た現象として出来るだけ平易に言ってしまえば「11人で歌うCDが出るよ」っていうだけだし、もう少し色を付けても「それに合わせてPVを作ったから大きなホールでお披露目するよ」だと思うのです。それが「keita maruyamaの衣装だよ」→「じゃあ実衣装展示するよ」→「グッズも作るよ」→「イベントにするよ」みたいな感じになってあの空間が出来上がったんだと思っていた。でもどうやって雪月花っていうコンテンツが出来上がったかを知ったら、その矢印は全然思いもよらないところから発生していた。よもやコンセプトの提案、曲作りの段階から丸山氏が球を投げてくれていたとは…。その驚きとありがたさを表現するすべを私たちは知らないし、強いて言うなら諭吉を敬意を込めて、もう三宝に載せる気持ちで献上するくらいしかないのです。ブロッコリー様!受け取って!

仮に普通にアニメイトで役立つもの(例えば雑誌とか)を買った時のリターンを1倍として、うたの☆プリンスさまっ♪に投資した後に得る「現物」「成果物」「付随・持続する多幸感」はなんちゅうかリターン換算で軽く額面の5倍以上にはなっているので、うたの☆プリンスさまっ♪、正直トルコリラもびっくりの利回りですよ。雪月花の衣装展示を見ながらとにかくこれは高そうだなと思ったのだけど、お金の大きさは当然の条件としても、お金の大きさだけではこの現実を作り上げることはできないわけです。毎度生半可では実現できない成果物をうたプリさんは、俺たちのブロッコリーさんは達成してくれるわけで、結局これってファンディングだよなってつくづく思った。プリンセスは個人投資家。誰も見たこともない「非実在・実在アイドル」の地平を切り拓いていく、我々の生きるこのタイムラインこそがうたの☆プリンスさまっ♪の本質で、「奇跡」と言われるものの実体なんだと思う。


先月の日記で「今後買いたいもの」「神戸旅行」と書いたわけですが無事神戸旅行を買うことができそうでほっとしています。今年は国内旅行づいてるなぁ…。決して私一人の力でなしえた機会ではないので、宇宙に感謝して、頭を垂れて生きていきたいと思う。神戸だけに…。(言ってやった)